La Parfumerie Tanu

- We are a non-stop Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

03. Modern Classic

31 Rue Cambon EDT (2007)

立ち上がり:こ・・・・濃い ある程度想像はしていたので少なめにつけたのですが、それでも噎せかえるような甘い香りに覆われる。 他の2つに比べてモス系の感じはあまり無いような気がします。にしても濃い!電車の中で隣の人に引かれるレベル。 昼:少し落…

Chypre21 (2015)

立ち上がり:植物(モス系?)の香りが強めですね。最初からかなり落ち着いた香りです。昼:薔薇っぽい香りも出てきました。これも良い感じです15:00位:ムスクの香りも出てきます。どの時点でも上品です。夕方:15:00に加えウッド系も交じってきてるかな?…

Golden Chypre (2012)

A Gentleman Takes Polaroids Chapter Twenty Eight : Golden Gentleman 立ち上がり:シトラス系なのかな?少しベチバーいっぽい香りなのですが 奥の方にうっすらとスパイスぽい感じも潜んでます昼:印象はつけ始めと変わらないのですが ベチバー系の感じは…

1969 | Parfum de Revolte (2001)

1969年特集、最終回は「1969年を名に持つ香り」、イストワール・ドゥ・パルファン(HdP)のベストセラー、1969をご紹介します。実際の発売は2001年である1969の正式名称は1969 Parfum de Revolte (反乱の香り)。HdP作品の中では「カルト・ブックス」の一つで…

Ganymede (2019)

いい写真だから何度でも載せます。「できたわ!」「すてきよ!!」 パリのメンズ専門クチュリエ、マルク=アントワーヌ・バロワの第2作フレグランス、ガニメデが今春発売になりました。昨年開催したCabaret LPT vol.9「A Gentleman takes Polaroids」でもジェ…

Splendiris (2019) and latest creasions by Parfums Dusita

いまからちょうど2年前の2017年6月、LPTにて全点踏破したパルファム・ドゥシタですが、2年の時を経て3作品が仲間入りしました。 たった2年という短い期間で、パリに旗艦店を持ち、欧米はもちろん中東やロシアにまで販路拡大、さらにはインディペンデント系香…

The Three Madama Butterflies in Japan and the world : Madama Butterfly (2008), 1904 (2014), Cio Cio San (2015)

世界中で愛されているプッチーニのオペラ「マダム・バタフライ」。オペラを見たことがなくても、名前くらいは誰でも知っている悲劇のヒロインです。オペラに全然興味がないので実際に見たことはありませんが、話としては①19世紀末、明治半ばの長崎を舞台に、…

Aenotus (2019)

2019年3月1日、遂に世界発売を迎えたピュアディスタンス第9番目の香り、アエノータス。日本サイトでは2月15日から2週間先行で予約販売を開始したところ注文が殺到、フルボトルに合わせ、日本限定の5mlパーススプレー2本セット、アエノータス・ギフトボックス…

Aenotus : new fragrance launched in March 2019

A HAPPY NEW YEAR 2019 ! 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 元旦のご挨拶にかえて、ピュアディスタンス第9番目の新作、アエノータスのご紹介をさせていただきます。 発売は2019年3月を予定しており、ボトルをお手に取…

Christmas Special : What was Juliette Has A Gun in Japan / Cross review with Polar Night Bird

godcodpod.hatenadiary.jp この度、エッジィなメゾン系香水を主に紹介しているブログ、Polar Night Birdのゆうれいさんと、初のクロスレビューを行いましたので、当LPTでも紹介させていただきます。お題は、LPTとはほぼ接点のないブランド、ジュリエット・ハ…

Ambre Sauvage (2015)

立ち上がり:アンバーの香りは一番感じるかも。甘さはあまり感じない 昼:スパイシーな香りが強くなってきました。アンバーは背景に消えた? 15時位:何だろう・・・洗剤で洗いたての服みたいな香りになってきた。この香りは、これはこれで悪くないですが、…

Ambre 114 (2001)

立ち上がり:AMBRE IMPERIALよりは甘くない。これなら付けてても不自然ではないかな。 昼:なじみのあるベチバー系の香りがかなり出てきました。これなら何とか持ちこたえそうだ(何に?) 15時位:ムスクの香りも薄っすらと。香りはだいぶ薄まってきました…

Ambre Imperial (2015)

A Gentleman Takes Polaroids chapter twenty six : Ambre Gentleman 立ち上がり:アンバー系と聞いていましたが、最初にそんな感じはしますが即強烈な甘い香りに襲われます。甘い・・・身体のどこかにお菓子でも隠してるかのようだ 昼:甘い香りは持続中、…

Lyric Man (2008) / Cuir Cannage (2014) / B683 (2016) | AGTP6 : Gentleman's Thumbs-up & down

【ジェントルマン低評価】Gentleman's Thumbs-down Lyric Man EDP / Amouage (2008) 今年の8月、夏のバラ色ジェントルマンで登場したアムアージュのリリックマンです。当然ボトルは高いので、メーカーサンプルを買ってレビューしてもらったんですが、本人か…

Metal EDT (1979) / Hiris (1999) | AGTP5 : Gentleman's favourite, Lady's fragrances

【ジェントルマンのお気に入り レディス香水編】 Metal EDT / Paco Rabanne (1979) レディス香水、最初はパコラバンヌのメタルです。ジェントルマンは、これまで自分が気に入ればそれがメンズだろうがレディスだろうが関係なく使ってきました。ジェントルマ…

Encre Noire (2006) / Yuzu Man (2011) | AGTP4 : Gentleman's favourite, Modern Classics

【ジェントルマンのお気に入り モダンクラシック香水編】 Encre Noire EDT / Lalique (2006) 後半のトップは、ラリックのアンクル・ノワールです。黒インクという意味ですね。1885年創業のガラスメーカー、ラリックは、コティやニナリッチなど歴史的名香のボ…

Daim Blond (2004)

立ち上がり:甘さ控えめ シトラス系の香りが強い。これはいいかも 昼:フルーツのような甘い感じと革の香りかな?変化も好ましいです 15時位:甘さが強くなってきました。 夕方:残香はかなり甘い感じですがねっとりというよりは爽やか系ですか。革の香りも…

Cuir Fetiche(2011)

立ち上がり:ぬう。甘い…これは私のようなむくつけき髭親父がつけるものではない… 昼:かなり角が取れてきて、香りは非常に上品な甘さ、しかしこの香りが自分から出ているのに違和感ありあり。 15時位:昼と変わらず、持ちがとても良い。香りも良い。悪いの…

Cuir Cannage (2014)

A Gentleman Takes Polaroids chapter twenty five : Gentleman and hand in leather glove 立ち上がり:かなりアルコール臭強し。甘さはあまりない。しょっぱなから革の感じが強烈です。 昼:ここに来て甘い香りが出てきました。タバコみたいな感じもありま…

TERRE D'HERMÈS (2006/2009)

立ち上がり:さわやかな感じです。ベチバー感はあまりない。シトラス系です。すぐ甘い香りが強まります 昼:ベチバーの香りが出てきましたかなり上品な香りですね。香りの持続性は弱い感じがします 15時位:微かな香りになってきています。夏向けな香りです…

BOIS DE VETIVER (2017)

立ち上がり:ベチバーと名乗りながら最初に香るのは柑橘系だ!すぐにミント系甘さが強めに出てくる。ベチバーどこ? 昼:香りの持続力が弱いかな。だいぶ薄くなってきましたがここにきて微かにベチバー感が出てきましたあとローズかな? 15時位:むーん ほと…

L'Iris de Fath and the substitutes : The Extreme Irists 2

Irissime (2009) アトリエ・デゾールのイリス・フォーヴを手掛けたマリー・サラマーニュが、まだジャック・ファットが三流ファッションフレグランスブランドでしかなかった時代、イリス・グリへのオマージュとして作った粉物香水が、このイリッシムです。ボ…

Oud Ispahan (2012)

立ち上がり:ローズの香りと共にかなり強烈なウードの匂い。目が覚めますなあ 昼:少し落ち着いてきました。スパイシーな感じが出てきます。 15時位:今日は昼過ぎから暑くなってきて13時くらいに熱中症注意報が出ましたがまだまだ香っています。ローズの香…

Une Folie de Rose (2004)

立ち上がり:なんとも豪勢な香り ローズ系と苔系の微妙な感じです 昼:少しスパイシーな感じがしてきました 15時位:だいぶ薄くなってきましたがこの上品な香りは夏のオヤジ汗と戦わせるのは可哀想です。全体の印象はローズと苔系の複雑な感じが維持されてま…

Lyric Man (2008)

A Gentleman Takes Polaroids chapter twenty three : Rosy Gentleman in Summer 2 立ち上がり:むー。なんかケミカルな感じがする。あと酸味もキツい感じが。 昼:隠れてたローズ香が段々出てきました 15時位:グリーン系も出てきました。結構印象が経時変…

Strictly Private (2009)

立ち上がり:バニラ系の香りが目立ちますね。似合う人は似あうのでしょうが私には難しそう 昼:ベチバー系の香りに変わってきたかな?ただ今回の3点の中では一番香りが消えていくのが早いような・・・ 15時位:昼と変わらずだがもはや汗臭さが勝る 夕方:消…

Declaration d'Un Soir (2012)

立ち上がり:ローズ系の香り+少しスパイシーな香りも加わって夏向きのいい感じです 昼:印象はつけはじめとあまり変わらず。少しナツメグみたいな感じがあるかな 15時:持ちがいいです。まだ汗に負けてません。ウッド系の感じが強まってます 夕方:最後まで…

Chypre Palatin (2012)

立ち上がり:甘い香りが濃厚に・・・朝から甘さがあるのが似合うタイプでも無いので初っ端から辟易 昼:甘さは変わらない。こんなの匂いさせて仕事してるとなんか誤解されそう。見た目ムサイおっさんが甘い匂いってどんな罰ゲームだよ。 15時位:少し落ち着…

Tour de Nederland 2018 | city two : Groningen | with Puredistance

すみません社長、また来ました!キングスデー前日のフローニンゲンは大混雑、ピュアディスタンスとやっぱり猫カフェ行っちゃった編 - in Groningen リアンヌ・ティオ・パルファム訪問の後は「オランダに来たんなら絶対うちにも来てね!」と熱いラブコールを…

Oud Black Vanilla Absolute (2015)

立ち上がり:名前通り。強烈なバニラの香り、微かにお酒っぽい感じも。こりゃあ日本人で合う人少なそう。 昼:つけはじめはかなり強烈な印象でしたが昼過ぎには大分落ち着いてきました。香りの感じは変わらないです。 15時位:基調の甘いバニラ香は変わらな…

contact to LPT