La Parfumerie Tanu

- The Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

Floral

Dormir al Sol (2024)

眼を閉じて 深呼吸をして ひろがりを感じる 黄金の光のあたたかさが あなたの肌に触れる時 そこには境界も 限界もない 時間も空間もない あるのは あなたと「今」ただそれだけ アルゼンチンで女性が初めて興したニッチフレグランスブランド、フラッサイの10…

Papilio (2023)

ピュアディスタンスの新作・パピリオが、国内でも世界発売に合わせ9月15日より発売されました。 2020年夏―新型コロナウイルス感染症がまだ未知の厄災として世界を恐怖に陥れ、各地でロックダウンが厳しく行われていた頃―半強制的にアメランドの別荘*で自宅待…

Divine, l'été Fleur d’Orange (2023)

立ち上がり:絶対昔嗅いだことある香りなのですが(香水ではなく)…何なのか思い出せない。雨あがりの草むらとかのイメージかなあ…それも明け方あたりの 昼:最初つけた印象だと、酷暑のこの時期はあまり持たないかな?と感じましたが、かなり生命力強し。香り…

Return of Enlèvement au Sérail (2006/2023)

本年創業20周年を迎えるメゾンフレグランス界の重鎮、パルファムMDCI。2003年より24作を順調に輩出してきましたが、1作だけ廃番になっていたアンレヴマン・オ・セライ(2006)が、本年約8年ぶりに復刻しました。 アンレヴマン・オ・セライ EDP 75ml シンプルプ…

Attar (2005/2008)

アテール EDP 100ml

Orange Blossom (1976/2010)

オレンジブロッサム EDT 100ml

Iris de Nuit (2005)

イリス ド ニュイ EDP 100ml

Memoire du Futur (2015)

メモワール・ドゥ・フュチュール EDP 100ml

Rose Omeyyade (2016)

ローズ・オメイヤード EDP 100ml

La Ravissante (2022)

レカミエ夫人の肖像(1805年)原題:Portrait de Juliette Récamier, née Bernard パリ、カルナヴァレ美術館収蔵 前作レレガン(2021)から約1年半ぶりに、MDCIとしては24作目、2019年からスタートしたペインターズ&パフューマーズシリーズとしては7作目にあ…

Mille et une Roses (1999/2006/2022)

ミル・エ・ユヌ・ローズ EDP 100ml ※オーセントは、天然香料に強い老舗香料会社で、グロスミスの復刻でも尽力したロベルテの香料を使用しています。日本メナードは、正直現在の日本では微妙な立ち位置のメーカーですが、昔から海外の香料会社や調香師との提…

Iris Coffee (2021)

アイリス・コーヒー パルファム 100ml 昨年よりThe Unconventionalより度々話題のシェリガンですが、今春LPTブログにて、全点踏破レビューをお届け予定です。お楽しみに!

サトリ Satori (2006)

サトリ EDP 50ml

Iris Nobile (2006) EDP

イリス・ノービレEDP 100ml

Vivacious (2020)

ヴィヴェイシャス EDP 50ml

Exit the King (2020)

イグジット・ザ・キング EDP 100ml

Pure Eve, Just Pure (2011)

ピュア・イヴ、ジャスト・ピュア EDP 90ml

Nanshe (2019)

ナンシェ P 100ml

La Belle Saison (2020)

ラ・ベル・セゾン EDPエクストリーム 100ml

Bois des Iles (1926/2016)

ボワデジル 2016年版EDP 200ml

Victoria (2022)

フラッサイ第9作となるヴィクトリアは、フラッサイ作品としては初となる、実在の人物がテーマになっています。 モチーフになったのは、アルゼンチンの著名文芸家、ヴィクトリア・オカンポ(1890-1979)。日本ではあまり馴染みのない方ですが、20世紀アルゼンチ…

Bienaimé 1935 : La Vie en Fleurs (1935), Vermeil (1935), Jours Heureux (1949) revived in 2021

前回のブランド紹介に続き、本日は復興ビエナーメが蘇らせた3作をご紹介します。 昔の香水の広告を見ると、現在の香水販売と違い、物凄くバストイレタリーラインが豊富だったことがわかります。昔の、と断り書きしなくても、例えばざっくり30年ちょっと前、…

Bienaimé 1935, revived in 2021

Bienaimé 1935, revived in 2021 after the long sleep ≪その後のビエナーメ≫ケルクフルール生誕110年記念特集 2020年8月、Cabaret LPT vol.12 'The Undead'で総括したウビガン。18世紀から21世紀の現代にいたるまで、過去にどれだけエポックメイキングな作…

White Gold (2017) / Rose Gold (2016)

White Gold (2017) 立ち上がり:BLACK GOLDのマイルド版という感じですか・刺激的な感じは少ないですが、つけて数分経つと立ち上がってくる香りはBLACKより濃密な感じがします。 昼:ジャスミン系で濃いなあ。ジャスミン茶の葉っぱが鼻っ面にぶら下がってる…

Black Gold (2014) 

A Gentleman Takes Polaroids Chapter Thirty Eight : Golden Ball Gentleman/Gold Trilogy by Ormonde Jayne Black Gold (2014) 立ち上がり:かなり刺激的。突き刺すような鮮烈な香りです、すぐ落ち着きますが。柑橘系とジェニパーか? ただ最初嗅いだ時頭…

No.12 (2021)

ピュアディスタンス第12作目の新作・№12が、9月12日世界発売、9月28日国内発売となりました。ピュアディスタンスは、この№12新発売にあわせ、日本上陸を果たしました。ピュアディスタンス直轄の日本サイトを運営するピュアディスタンスジャパンが、国内にお…

L'Esprit Libre (2021)

北フランス、ディナールを拠点とするメゾンフレグランスの長老ブランド、ディヴィーヌから、トータルの新作メンズのロム・アカンプリ(2016)から5年ぶり、レディスとしてはスピリチュエル(2014)に続き実に7年ぶりの新作が届きました。と言っても、その間にブ…

Compliment (1939/2021)

しじまの中にも、あるいは賑わう会話のさなかにも 何もない時 あるいは日常にただ流される時でさえも ほめ言葉はあなたのために 鏡に映る姿、あるいは人の眼に映る姿にも 雑踏にひとり あるいは何もかもが遠くにある時でも ほめ言葉はあなたのために あなた…

Rubikona (2020)

ピュアディスタンス第11作目の新作・ルビコナが、10月15日世界発売となりました。前々作アエノータス、前作ゴールドと続き、目を見張る勢いで国内での認知度が上がり、国内に輸入代理店がない以上、正確には日本上陸しているとは言えない状態で、ここまでの…

The semicentennial : Réminiscence, a French jewelry and perfume house

The semicentennial : Réminiscence, a French jewelry and perfume house since 1970 1970年、ジュエリーデザイナーのゾーイ・コスト(1947-2007)とベルギー出身のイタリア人フォトグラファー、ニーノ・アマデオ(1946-)が、1970年南仏コートダジュールにオー…

contact to LPT