La Parfumerie Tanu

- an Imaginary Haute Parfumerie living in your Heart -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


09. Affordable

Grey Flannel (1975)

立ち上がり:これはいいですね!ウッディな香りの中に微かに柑橘系混ざってるような感じですが甘さがない 昼:印象変わらず。いいかんじのままです 15時位:落ち着いた香りになってきましたが消えることなく存在を主張しております 夕方:かなり気分の落ち着…

Cool Water (1988)

A gentleman takes Polaroids chapter eleven : Gentleman in mainstream 立ち上がり:最初は「おっ!さっぱりとして良い感じ」と思ったが、すぐ後に80年代季節スポーツ系サークル大学生がつけるような香りになって辟易。 昼:まるで自分がエリ立てたポロシ…

Bvlgari Black (1998)

立ち上がり:甘いーーーー!でも嫌な感じではない甘さです。 自分に似合ってるかどうかは別として。 昼:香りは大分落ち着いてきてますが甘さだけが突出してきてる感じが します 15時位:大分落ち着いてきました。バニラ系のおやつを3時に食べた? という感…

Siras des Indes(2006)

シラデザンド EDP ジャン・パトウの最新作、シラデザンドです。日本でも発売当時はブルーベル・ジャパンが全ライン取り扱っていたのですが、ジョイやミルに比べて対象年齢が比較的若いにも関わらず、法外な価格設定により玉砕したのか、結局の所日本の顧客は…

Van Cleef (1993) and Grand Cinq fragrances

グランサンクとしては最も後発(1906創業)ながら、ハイジュエラーとしては初めてフレグランスを発売した事で一躍有名となり、またセールス的にも香水では事実上グランサンク中最も勢いのあるブランド、ヴァン・クリーフ&アーペルがジェム(1987)に続きレデ…

Camelia by L'Erbolario (2014)

カメリアシリーズより、左:プロフーモ、右:ソープ 久しぶりに「お値段以上、それ以上」アフォーダブル香水をご紹介したいと思います。 LPTではすっかりおなじみ、お隣台湾までは進出するも、なかなか東シナ海を越えてここ日本までやってこれないイタリアの自…

Dita Von Teese (2011)

Dita Von Teese (2011) 欧米でのバーレスクダンサーの地位はセレブ女優並に高く、単なるフェティッシュ・ストリッパーではなく相応の文化的評価を得ています。その辺が根っこドスケベを堂々標榜している欧米人の朗らかさ、ともいえますが、ともかくこってり…

Fiori Scuri (1998) by L'Erbolario

Fiori Scuri (1998) お値頃価格でお値段以上の仕事をしてくれる質実剛健優良香水をご紹介するコーナー、ジ・アフォーダブルでは常連のメーカー、レルボラリオのイタリア国内での人気ベスト3に堂々ランクインする、フィオリスクーリ(ダークカラーフラワー)で…

Iris by L'Erbolario

懐に優しい身の丈香水、ジ・アフォーダブルの定義とは ★ 必須:香水は、良い香りでなければならない(ギィ・ロベール) 1. 国内外を問わず、基本価格3,000円、送料などの諸経費込みで5,000円以内におさまること。容量は国内で最多販売容量が30ml(≒その香水で…

Meharees by L'Erbolario

The Affordable - 身の丈価格でお値段以上の仕事をするお奨め香水紹介 - ギターをたしなむ方が口癖のように言います。「1万円と10万円のギターでは、品質は雲泥の差だが、10万円と100万円なら、それはもう装飾や年代の希少 性など、大概は外的要因でしかない…