La Parfumerie Tanu

- The Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

The Undead : Houbigant 2, post war to bankrupcy

それでは、ムエットのチャプター4を出してください。12番から14番の3本です。
 
世界恐慌から戦時中にかけて発売されたのが、ムエット12番のプレゼンスと、13番のシャンテリーです。プレゼンスは戦後に復刻したもので、ボトルデザインから80年代の再発ものだと思います。これもパルファム・イデアルに近い、大人の女性らしい、シヴいウッディフローラルですね。シャンテリーも重ためのパウダリーなオリエンタルフローラルで、ウビガンの権利が転々とする中、長く売りつながれていった作品です。実際、高校生の時、池袋のソニプラで、シャンテリーのテスターを試した覚えがあり、安かったんですよ。箱にも入ってなくて、30mlで2000円くらいだったかなあ。当時の高校生の私は「甘くて重くて粉っぽい。シッカロールかよ」と思いましたが、当時の私、何もわかってない!の一言ですね。ただそれって1980年代当時、ウビガンはすでにドラッグストアコスメグレードだった、という裏返しで、貴重な記憶ではあります。シャンテリーの処方はマルセル・ビヨで、この人、ウビガンアメリカ支社長だったんですが、戦後はこの人がウビガンのフランス本社の社長に就任します。
f:id:Tanu_LPT:20200830215100j:plain
f:id:Tanu_LPT:20200830215109j:plain
f:id:Tanu_LPT:20200830215206j:plain
(左)プレゼンス(1929、レイモン・クリング作) (中央、右)シャンテリー(1941、マルセル・ビヨ作)
社長がアメリカ支社長経験者というのもあり、アメリカ市場に強かったからか、ウビガンは1969年、アメリカ向けにサブブランド、アリッサ・アシュレイを立ち上げます。あの安物ムスク、ウビガンのサブブランドだったって、知ってました?私は知りませんでした。気づいていれば、去年のLPT総力特集「1969年という年」にエントリーしてましたね!全く気づきませんでした。アリッサ・アシュレイは同年、アリッサ・アシュレイ・ムスク(写真左)を発売、これが欧米で社会現象級ヒットします。 
その後1970年代には経営悪化、ウビガン最大のヌイイ=シュル=セーヌ工場も手放す一方で、テコ入れのためにスポンサーのジャヴァルが1973年に連れてきたのが、イタリア人ミケーレ・ペリスです。はい、ぺリス、ここで登場です。この件について、ウビガンの公式サイトで何と書かれているかと言うと
幼少時から香水の世界に魅せられたミケーレ・ペリスは、早くから化粧品業界で働き始めました。1973年ミケーレはウビガン家の末裔と出会い、ウビガン社のコンサルタントとして迎えられました。」となっています。あれえ?ジャヴァル家って、ウビガン家の末裔なんだ?いつからそうなっちゃったのかなあ。
 
ジャヴァル家にヘッドハントされたミケーレ・ペリスは、1981年ぺリスグループをミラノで創業し、9年後の1990年、ぺリスグループは本拠地をモナコへ移転、ミケーレの息子、ジャンルカ・ぺリスが副社長に就任します。
 

f:id:Tanu_LPT:20200901153914j:plain

経営悪化の止まらないウビガンは1990年、高級路線から大衆路線へリブランディング、過去作を再処方販売することになります。リブランディング前に出した最後の作品が、ムエット14番、デュク・ド・ヴェルヴァンで、これは当時廃番だったフジェール・ロワイヤルのリメイクだといわれていますが、さすがにフジェール・ロワイヤルと比べたら軽い男になっていますよね、80年代よくあるメンズの香り、以上。ですが、現在のウビガンはなぜかデュク・ド・ヴェルヴァンを廃番にせず、今お試しいただいているのも現行品です。
 
1993年、ウビガンは、ミケーレ・ぺリスをコンサルタントに行った、安物リブランディング展開もむなしく、1993年5,250万米ドル(約58億円)の負債を抱え倒産してしまいます。倒産の翌年、ウビガンはヴェルヴァンの自社工場をジバンシィに売却、その後ジバンシィがケンゾーに転売します。
 
さてここからが、没落と再生のヘルタースケルター、そして書き換えられた歴史ストーリーの始まりです。詳しくは、LPTブログで、アペルスュの記事で紹介していますが、ウビガンは倒産の翌年、ルネッサンス・コスメティック社と契約、製品12種の処方を売却、ウビガン名義で販売許可します。ルネッサンス社は、当時のベンチャー企業で、ウビガンへのリスペクトなんて別になくて、看板が欲しかっただけなので、大幅な水増し処方変更をして、ドラッグストア、ディスカウンターへ投売りします。ウビガンはルネッサンスに訴訟を起こしますが、訴訟中の1996年、ルネッサンス社の創業者が急死して、ルネッサンス社も1999年に倒産、資産を二束三文であちこちに買収されてしまいます。同じ年、ウビガンはルネッサンスの保険会社に対しても訴訟を起こし、ルネッサンスは跡形もなく消失しますが、スペインの会社でタブーやカヌーを出していたダナから派生したニュー・ダナが、ウビガンのライセンスを取得、自社製品にもウビガン名をつけ販売開始します。その後ニュー・ダナ社は、ドラッグストアやディスカウンター専売メーカー、ファイブスター社にウビガンのライセンス売却して、さらに処方が劣化します。もう、吹けば雲散霧消するほどの亡骸状態です。
f:id:Tanu_LPT:20200830215050j:plain
f:id:Tanu_LPT:20200830215114j:plain
(左)ルーテス(1984、Parfums Parquet名義)だんだん経営の雲行きが怪しくなってきた時代の作品、廉価版オンブルローズとよく言われていた激しい粉物だが、オンブルローズ自体が当時処方転売でディープディスカウントの常連だったので目糞鼻糞を笑う (右)デュク・ド・ヴェルヴァン発売後、ウビガン倒産
そんな中、2000年にウビガンは、クレア・フレグランス社という会社にアペルスュとケルクフルールの製造を委託し、高級百貨店に販路限定しますが、この5年後の2005年、遂にペリス・グループがウビガンを買収します。ここでも、公式サイトでなんて書かれているか見てみましょう。
 
「ウビガン家の末裔とミケーレは固い友情で結ばれ、1981年ミケーレが初めて起業した際、ウビガンの代理店となりました。時は流れ、健康上の理由からウビガンのオーナーが経営を離れる事になり、ブランド売却を余儀なくされました。そしてぺリス家にはウビガン家の栄光を取り戻すべく、白羽の矢が立てられたのです。」
 
あれあれえ??ウビガンは、ウビガン家の末裔が、健康上の理由で手放したことになっていますね。まあ、倒産も、会社の健康状態の悪化による死亡と考えれば、乱暴に言ったら同じことかな?!個人的には、値崩れが行きつくところまで待って、底値で買ったんじゃないか?って穿った眼でぺリスグループを見たくなりますね。
contact to LPT