Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Aldehyde 44 (2006)

ニューヨークはソーホーに本拠地を持つハンドメイド系ニッチ・フレグランス
ブランド、ル・ラボのダラス店限定フレグランス、アルデヒド44です。
当然香りは黒板キキキー!を髣髴する化合物路線まっしぐらで、きしむような
積載量オーバーのアルデヒドがウリという以外、特筆すべき特徴はありません。

調香はディヴィーヌのラムスールを手掛けたヤン・ヴァスニエ。因みに2004年
から2006年という3年間は、ラムスール(2004)、リニューアル版バガリ(2006)、
そしてこのアルデヒド44(2006)と、何故かメガトン級アルデヒド系の香りが
相次いで発売された珍奇な次代でもあります。一応、この3つは海外の香水サイト
等では21世紀のパウダリー・アルデヒド3傑または3姉妹と言われています。

系統としては、この3つの中では一番シャネル22番に近いのですが、若干刺す様な
酸味を孕んでいるため、アルデヒドがパウダリーというよりは伸ばしたビニール風船
っぽいというか、一番合成臭に感じ、かつ水っぽいのでモダンといえばモダンですが、
クラシック粉物香水ファン的にいえば満足度は薄目。ダラス限定ですので、手に入る
チャンスも限られている上たいへん高価(50mlでUS145ドル)なので、アルデヒド好き
には話の種に一発吹いてみたいという以外食指が動いて仕方ない、という程ではあり
ません。上記3点の現代アルデヒド3傑の中では一番高額なくせに一番小物、という気が
します。3傑中、最も造作が複雑で難易度が高いのはバガリ、最もパウダリーで主張が
強いのはラムスール、最も化合物的かつ底力がないのがこのアルデヒド44と感じます。

あれこれ策を講じて大枚はたいてアルデヒド44を入手するなら、3傑の他の2点にするか
いっそディスカウンターで100ミリ15ドルもせずに手に入る、旧ウビガン/現ダナ名義の
ルーテスあたりで手を打つほうが、コスパは勿論満足度も破壊力も高いと思います。