La Parfumerie Tanu

- an Imaginary Haute Parfumerie living in your Heart -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


11. UK Chemists

Winners of the second week present !!

La Parfumerie Tanu開店5周年記念プレゼント第2弾の当選者発表!! 皆様、プレゼントご応募の際には勿体ない励ましのお言葉と素敵な感想をありがとうございます。店主タヌ、改めて御礼申し上げます。第2回プレゼントの当選発表です。 A賞)English Lavender …

LPT 5th Anniversary presents : the second week

La Parfumerie Tanu開店5周年記念プレゼント第2弾! 英国地方都市薬局取材を終えた後ルフトハンザのストライキに激当たりし、命からがら帰国するもその後の社会人生活がしばらく赤っ恥だった店主タヌから、頭下げ下げ会社の人には配らなかった、とっておきの…

Fidji (1966)

創業1957年、日本では戦後一世を風靡したクチュリエとしてというよりは、粗品のタオルセットとか箱入り靴下でその名を見かける方が多い、ギ・ラロッシュ。フレグランスもファッションと並行して発表するのが当たり前になった戦後世代のデザイナーですが、創…

Pagan (1967*), originally by Picot & now by Mayfair

ドラッグストア系場外香水の隠れた逸品、ペイガンの来歴 イギリスには今回ご紹介したヤードリーやペンハリガン、フローリスなど現存する王室御用達の老舗パフューマリーは勿論、グロスミスなど一度は消滅したものの敏腕コンサルタントの後押しで復活したブラ…

Yardley English Lavender (1873)*

「創業1770年」パッケージではそういうことになっている 今から400 年もの昔、若き起業家ジョナサン・ヤードリー**が時の英国王チャールズ1世より王室御用達をいち早く賜り、ロンドンにおける石鹸の独占販売権を獲得。一起業家青年が何をどうやって王室御用…

Chemists in a British small town : 5. And then

そして予期せぬ出来事に店主感激 古い薬局に行けば、お宝が待っているんじゃないか?倉庫でデッドストック香水が眠っているのでは?昔の広告や空き瓶、残ってないかな?正直なところ、薬局香水について期待を膨らませすぎた今回の取材でしたが、良くも悪くも…

LPT 5th Anniversary presents : the first week

La Parfumerie Tanu開店5周年記念プレゼント第一弾! 英国地方都市薬局取材を終えた後ルフトハンザのストライキに激当たりし、命からがら一日遅れで帰国するもその後の社会人生活がしばらく赤っ恥だった店主タヌから、頭下げ下げ会社の人には配らなかった、…

Chemists in a British small town : 4. Classic British soaps at chemists in a British small town

英国版薬用ミューズ、ライツや大衆浴用石鹸、インペリアルレザーなど、英国の香りはクラシック石鹸にあり。 Wright's traditional soap, with coal tar fragrance 125gイギリス人によってコールタール石鹸の匂いは幸せな家庭の香り⁈ライツ石鹸 よく見ると「W…

Chemists in a British small town : 3. Boots the Chemist, the leading chemist chain in UK

Boots, your local pharmacy Boots : 前出のクラシック薬局、C.R.クルーズより20年以上も前、1849年ノッティンガムに創業した大手ドラッグストアチェーン、ブーツ。英国内店舗だけでも2,500店超、創業時は小さなハーブ薬局だったとは想像もつかない一大企業…

Chemists in a British small town  : 2. C.R. Clowes & Son, one of the existing UK chemists since Victorian era

2. C.R.Clowes & Son C.R.Clowes & Son 外観。ガラスを多用したビクトリア朝ならではのデザイン C.R.Clowes & Son :本年めでたく創業140周年を迎えた、ビクトリア朝の温泉保養地バクストンを代表する薬局。往時はこの店の前を通らずしてバクストンでの所用は…

Chemists in a British small town : 1 Why UK, why small town, why perfumes in chemists

英国地方都市薬局特集 Chemists in a British small town よくあるイギリスの田舎の夜明け なぜ英国で、なぜ地方都市で、なぜ薬局の香水なのか 1. Why UK, why small town, why perfumes in chemists 小学生の頃、作文で家族の仕事について書く機会がありま…