La Parfumerie Tanu

- We are a non-stop Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

L'Eau d'Ambre Extrême (2001)

立ち上がり:甘い香りがしますが今まであまり経験した事の無い甘さです:バニラと蜂蜜?、みたいな
 
昼:すごく落ち着いた感じ。甘い感じはありますが刺激的な感じは無し。結構良いです。
 
15時位:ウッド系の香りが出てきました。オッサンでも付けれますねこれ
 
夕方:落ち着いた香りのままフェードアウト。これは新しい体験でした。
 
ポラロイドに映ったのは:総務とか監査とかに居そうな油気の抜けた白髪オジさん部長、坂本R一から邪気を抜いた感じかな。

f:id:Tanu_LPT:20190129220215j:plain

ローダンブル・エクストレム EDP 50ml 旧パッケージ
 Tanu's Tip :
 
2001年に発売されたラルチザン・パルフュメール(国内表記:ラルチザン・パフューム)のロー・ダンブル・エクストレム(国内表記:アンバー エクストリーム)は、ブランドの黎明期、創業者である故ジャン=フランソワ・ラポルト調香により発売されたロングセラー、ロー・ダンブル(1978)のチューンナップ版で、当時まだエルメス専属(2004~2016)ではなく、ザ・ディファレント・カンパニー(2000~)を創業して程ない時期のジャン=クロード・エレナが手がけました。
 
ラルチザンの公式サイトでは、双方のキーノートはざっくり
 
オリジナル版:ベンゾイン、パチュリ、トンカビーン
エクストレム版:ナツメグ、パチュリ、ローズ
 
としか書かれておらず、海外の香水サイトで紹介されている香料と著しく異なるので、今回は素人らしく体感した香調だけで比較したいと思います。
 
まず、オリジナル版ロー・ダンブルは、スキンムスク系バニラムスクに樹脂系香料でオリエンタル感を施した、欧米人が心地よいアンバーだと感じるストライクゾーンに位置するパウダリーでソーピーなアンバーバニラで、これにラベンダーを足したら往年のキャロン・プールアンノム路線になる、非常につけ心地の良い清潔感に溢れた普遍的な香りです。ジャンルとしてはオリエンタル系となりますが、LPTとしては粉物系としても押さえておきたい逸品で、作者が「アンバー水」と名付けただけあって、いい意味で男女問わずどなたがいつ何時つけても間違いのない敷居の低さが魅力ですが、これをアンバーというのは、日本の中辛カレーが本物のカレーだと胸を張ってインド人に言うようなもので、それは違うと拳を振り上げる人にも、困り顔のインド人に本気で立ち向かう人にも割って入り「まあ、いいじゃないか」と双方の肩をぽんぽん、と叩きたくなります。
f:id:Tanu_LPT:20190129220230j:image
オリジナルから23年後に発表されたエクストレム版は、このラポルト版の黄金比率に甘さと苦みという「濃ゆい」パーツのチューンナップをほどこした結果、子供からお年寄りまで普遍的に愛されている日本の中辛カレーに本格スパイスとギーをこれでもかという位入れたら、本場感が増してもっと美味しくなるのかと言ったらそういう話ではなく、うまみのインフレを起こして微妙なバッドバランスを感じる甘重さ(しかもこの甘さがどこか人工的で、カロリ―オフ飲料の後味に通じる)が加わり、甘くて重いアンバーだったらもっと耽溺できる作品が数多くあるし、欧米系アンバーバニラだったらシャリマーを頂点に、前回AGTPでご紹介したアンブル114やアンブル・ソバージュを経験した後には、入選は可能ですがトップ当選に繋がらないという所でしょうか。
 
f:id:Tanu_LPT:20190129220239j:image
少々残念なのは、日本では先般のラルチザン製品改廃※において、ブランドの顔であるオリジナル版ロー・ダンブルが国内終売となりロー・ダンブル・エクストレムが残留した事で「香水は 濃けりゃいいって ものじゃない」と一句読んで私からのコメントを締めくくりたいところ、ジェントルマンからは「結構良いです」「オッサンでもつけれます」のお言葉を賜り、中々の高評価でしたので、アンバー系を1本も持ってなくて、著名な調香師が手がけた甘くてスパイシーでハイカロリーな香りが有名メゾンブランドから欲しい方にはお奨めです。国内発売もある上、ディスカウンターなら旧パッケージで良ければ送料込50ml7,000円弱、100mlでも10,000円少々と、国内価格(50ml・16,200円、100ml:21,060円)の4割~半額程度で入手可能です。ちなみにフランス本国でのローダンブル・エクストレムの定価は50mlが€100(≒12,400円)、100mlが€125(≒15,500円、2019年1月現在)で、オリジナル版ローダンブルはEDTの為これより各€10ずつ安いので、現在のラルチザン製品は、メイン系・ニッチ系を問わず年々吊上げ傾向にある香水の小売価格に於いて、かなり適正価格であると言えましょう。
 
 
※2018年12月6日、ブルーベル・ジャパン㈱、L'ATELIER DES PARFUMS 公式オンラインストア回答
下記製品に関しましては、在庫がなくなり次第お取扱いが終了いたします。
*バチュカーダ オードトワレ 50mL、100mL
*ロー ダンブル オードトワレ 100mL
*メシャン ルー オードトワレ 50mL
*ポアブル ピカーン オードトワレ 100mL
*プルミエ フィグエ エクストリーム オードパルファム 50mL
*タンブクトゥ オードトワレ 50mL
*トラベルセ ドゥ ボスフォール オードパルファム 100mL
*アムール ノクターン オードパルファム 100mL
お客様にはご不便をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。他にご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問合せくださいませ。今後とも弊社フレグランス製品をご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。
 
contact to LPT