Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

LPT Scent of the Month : March 2017

f:id:Tanu_LPT:20170304223011j:plain

2017年1月より毎月1本、店主タヌが選ぶおすすめの香りを、キャバレーLPTでお馴染みの図鑑図書館、Book cafe bar Fumikuraの店頭にてディスプレィしていただいております。サンプルムエットによる持ち帰りOKの試香スタイルが好評で、実際店主タヌ来店の際、目の前でムエットをお持ち帰りになる方と遭遇する場面も多々ありました。香りの解説はQRコードにて当LPTブログへ。スマホでブログの解説を読みながらムエットを試香し、美味しいお飲み物の合間に「えええ~香りや~~~」と恍惚のひと時をお過ごしください。 

お馴染みとなった第3回は、ジェントルマンコーナーでも大好評だったキャロンの名香、プールアンノムをご紹介。1934年発売以来、あれだけ奇怪愉快な女性物香水を輩出しておきながら、実のところキャロンの売上の6割かそこらは数種類しかないメンズでもっているそうで、とりわけこのプールアンノムは、じいちゃんも、そのまたじいちゃんも使っていた数珠つなぎ的人気の定番香水です。どのくらい定番でどれだけみんな使っているかというと、一番小さくて125ml。中が250ml、大が500ml、そして特大が750mlサイズがあって、4サイズいつも普通に売っていることから、もう一番小さい125mlなんてすぐなくなっちゃうから買いに行くのがめんどくさい、だってじいちゃんも父ちゃんも兄ちゃんも俺を使うから、みたいな状態でしょうか。ものは違いますが「母ちゃん、風呂場に牛乳石鹸赤箱切らさないでね」に近いものがある気がします。とにかく、ああさっぱりした、風呂入った、ヒゲ剃った。そういう香りです。

詳細は、下記リンク(Fumikuraウェブサイト)およびLPTでの紹介記事をどうぞ。都内近郊にお住まいの方、LPTの魅力を直に感じていただける月替わり常設企画を、大人の図鑑図書館・Fumikuraにお運びの上、おいしいお飲み物やお食事、素敵な蔵書と共にお楽しみください。

 

今月の香り no.03「プールアンノム」 - fumikura

lpt.hateblo.jp