La Parfumerie Tanu

- an Imaginary Haute Parfumerie living in your Heart -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


Aramis (1966)

立ち上がり:重厚な香り。ウッディな感じもする。これ付けるにはまだ自分は若輩者の気がします(もう50ですが)
 
昼:やや重い感じが薄らぐ。でもなんかズーンとした感じは残る
 
15時位:ここらでやっと身の丈にあった感じ
 
夕方:いい感じに残香が残ってます。でも私みたいな職場にジーンズとカジュアルシャツで行くような奴がつけるもんじゃないなこれ。
 
ポラロイドに映ったのは:ジ・オヤジ!でも加齢臭が臭くない人。
 
f:id:Tanu_LPT:20170225181119j:image 
アラミス オードトワレ110ml
 
Tanu's Tip : 
 
ユースデューで社会現象を起こし、適正価格で良質な、かつ幅広い嗜好の消費者に訴求する製品を輩出し、辛口フレグランス・ジャーナリストもアメリカ人なら多少ひいき目に評価する、エスティローダーのフレグランス。アラミスは、エスティローダーの別ラインとして立ち上げたメンズブランドで、デビュー作であるアラミスも、ユースデューと同じく社会現象的にヒットしました。奇しくも、昨日ご紹介したサーアイリッシュモスと同年に発売されましたが、現在でもアラミスはアメリカンメンズフレグランスブランドのメインストリームに君臨し、日本でもデパートにはアラミスのカウンターが数多く出店しています。
 
若い頃からフレグランスを使う嗜みのあったジェントルマンが、自分のお金で初めて買ったのがこのアラミス。大学の卒業旅行で立ち寄った空港の免税店で購入し、最後まで大事に使い切ったそうですが、当然学生で香水の知識も乏しく、免税店で幅を利かせていたのか、予算内だったから、名前を知っている香りがアラミスだけだったからか、いずれかの消去法的選択で購入したようですが、ちなみにその際お母様へのお土産に買ったのがプワゾンで、これはどう考えても親の顔を浮かべる前に流行っていたから買ったとしか思えないのですが、今でもジェントルマンの実家に行くと、当時新発売のプワゾンが、ほぼ未使用のまま箱に入って本棚の隅に置かれています。お母さん、嬉しかったんだろうな、大事にとっておいて…と帰省の際聞くと「ああ、あれ?持って帰っていいわよ」と即答で言われ、ちょっと残念でした。
 
 f:id:Tanu_LPT:20170225181132j:image
男の身体に、アラミス。挑発的で、洗練され、そして男らしい(箱の裏より)
 
カボシャール(1959)、エスティ(1968)、アロマティクス・エリクシール(クリニーク、1971)そしてソフィア・グロスマンとの共作であるビューティフル(1985)など、歴史的名香カボシャール以外は主にエスティローダー系列のヒット作を手掛けたベルナール・シャンが調香したアラミスは、カボシャールのペアフレグランスと言ってもいいくらい面立ちが似ているレザーシプレで、革っ!苔っ!パチュリっ!といったレザーシプレの塊に、ハーバルアロマティックなノートを重ねた、ジェントルマンが言う通り、確かにおっさんだけど臭いおっさんじゃない、責任感の強そうな身持ちの良い男性を彷彿とします。この辺も、イメージとしてはエスティローダー系なので「アメリカン・プライド」な自負を感じます。アラミスも長い年限の中にだいぶ香りが変わったと言われますが、現行品のアラミスはドライでガツンと来たあと、本人ではなく周りの人間が「え、ええ?えええ~香りや~」と深呼吸したくなるような、いい男の香りなので、長く使いつけている方には申し訳ないですが、変わってもいい男、というのは心強いですね。

Sir Irisch Moos (1966)

A Gentleman Takes Polaroids chapter eight : An Origin of a Gentleman
 
立ち上がり:うーん懐かしい男の香水の匂いだ。子供の頃に大人がつけてたヘアトニックぽい感じもする
 
昼:トイレの芳香剤みたいだなあ…
 
15時位:古びたビルの洗面所を思い出すぞ
 
夕方:なんにせよ懐かしい香りだ。しかし二度とつけようとは思いわないかも…昔なんでこれを所望したのかよくわからない。
 
ポラロイドに映ったのは:青年から中年への端境期の過ち。
 
Tanu's Tip : 
 
ドイツ大手大衆化粧品会社、モイラー&ヴィルツが、ドイツなのになぜか「アイルランドの苔」にインスパイアされて作ったメンズライン、サー・アイリッシュ・モス。ちゃっかりサーの称号までついています。かつてアイリスと苔、みたいな意味だと紹介されていたこともありますが、Irischはドイツ語で「アイルランドの」「アイリッシュ」という意味で、アイリスは形容詞でもIrisと無変化なのと、アイルランドは苔で有名で、全ヨーロッパに生息する苔の実に約半数がアイルランドに集中しているので、苔といえばアイルランド、アイルランドの苔、サーアイリッシュモス、というわけです。いちおう発売から50年を過ぎても廃番になっていないロングセラー品です。
 
 f:id:Tanu_LPT:20170225180644j:image
サーアイリッシュモス オードトワレ50ml 各種グルーミングラインあり
 
明治屋のメロンシロップばりに着色したグリーンの液体で「苔」のイメージを増長していますが、こんな絵具みたいな緑の苔があるかよ!というぐらい、香りもいたってケミカルなハーバルグリーンです。これを、身体につけるのか?とまで思いますが、実はこのサーアイリッシュモス、今から10年くらい前のある日、ジェントルマンが古い香水本で紹介されていたドイツのメンズフレグランスを見ていて「ショウブの根と苔」と訳されていたサーアイリッシュモスに強烈な興味を持ち、そんなにつけてみたいなら、買ってあげよう…と、日本未発売なのでEbayかなにかで買ったところ、まあ甘くて重く、ショウブ(アイリス)は誤訳なので目立ったアイリス香もなく、濃厚で古臭いおっさんメンズ香水臭だったんですが、ジオッサンなだけでそう悪い香りでもなかったんですよ、ただあまりに重くて、当時淡口好みだったジェントルマンはサーアイリッシュモスを、冬場には時折手に取っていましたが、あまり使わないうちに棚晒しで何年も経ってしまい、大掃除かなんかの時に洗面所からおろして私が捨ててしまったんですよ。それで、まあこのジェントルマンコーナーを始めたら、やたらと「サーアイリッシュモスに似ている」と亡霊のように思い出すので、あれがジェントルマンの原点なのか、捨てなきゃよかったな、ともう一度買い直したわけです。そしたら、この私でもおかしいと思う位、香りがケミカルに変わっていて、もはや香水と言っていいのか?と思う位どぎつい処方変更で、まあ、よくある話で最初は真面目に作っていてもだんだんドラッグストアラインに零落して、処方も材料も安っぽくなったんだろうな、でも長年の愛用者は今やおじいちゃんだろうから、嗅覚も多少バカになって需要と供給が合致しているのかな、と、サーアイリッシュモスといい、一昨年英国地方都市薬局特集でご紹介したレンセリックのツイードといい、こういう現行品を手に取り、嗅いだ瞬間ノックアウト、という強烈ケミカル臭のクラシックフレグランスには、どこかパターン化した「負の段取り」みたいなものを感じます。破壊力的には資生堂のオードロードスを彷彿とします。あれも甘酒横丁(人形町)の古い薬局では、フルラインナップ棚にあって、お店の人に聞いてみたら「基本、うちは香水や化粧品は在庫しないんだけど、定期的に来る人がいる商品だけは在庫して棚に並べているんですよ」と言っていましたが、サーアイリッシュモスも、思うにドイツではチェーン店系のドラッグストアや普通のスーパーじゃなくて、高齢化が進んだ地域の個人商店や、盛岡のニュータウンにあるスーパーのメンズコスメ売り場みたいな所でしか手に入らないじゃないでしょうか。
 
 f:id:Tanu_LPT:20170225180655j:image
参天製薬 大学目薬って感じ
 
ちなみにモイラー&ヴィルツは1792年から200余年世界で愛されている元祖オーデコロンの一つ、4711を出している会社で、日本では柳屋ポマード(まだ売ってます)で有名な柳屋本店が輸入総代理店ですが、さすがにサーアイリッシュモスは出してくれない、というより出しても使う人がいなさそう…

Perfume Lecture by Sachiko Hirata, the top fragrance jounalist

2017.3.13
香りのレクチャー講座・受講者募集!
☆☆☆夜の部(18:30)店主タヌ参加決定!☆☆☆

 

f:id:Tanu_LPT:20170216231051p:plain

 

店主タヌ好評連載「忘れられない香り」掲載の香水専門誌、パルファム編集長にて、日本を代表する香水評論家、平田幸子先生のレクチャーが開催されます。

ここ日本では万年初心者向け勉強会やお茶会・サロン的な歓談の場は多々ありますが、その先を知りたい一般愛香家にとって、納得できる学びの場はそうありません。香水をただ今そこに香る「香り」という一面だけではく、歴史・文化・産業・ビジネスといった多角的な方向からみつめ、一方で香水を「売る側」から見た店頭やメディア向けアプローチなど「香水ができるまで」と「香水ができてから」のすべてがわかるのは、香水業界に唯一存在する専門誌・パルファムの編集長として、香水評論家としての長きにわたるトップキャリアを誇る、平田幸子先生の講座がお奨めです。

通常は、全12回修了のパルファム・コンシェルジュ講座など、シリーズ講義を行う平田先生ですが、今回は単発講義となりますので、まずは気軽に香りのレクチャーを受講してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:Tanu_LPT:20170217081524j:image 

日時 2017年3月13日(月)

時間 昼の部:14:00より 夜の部:18:30より

   ※各部とも楽しいティータイムがございます。

場所 東京都渋谷区神宮前4-32-12ニューウェイブ原宿 8F

   JR山手線「原宿駅」下車 徒歩6分

   東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」下車 
   5番口より徒歩2分
   東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」下車 
   A2口より徒歩8分

参加費 10,000円(税込、資料込)

振込先 みずほ銀行玉川支店 普通 No.903596

    パルファム 平田秀子(ヒラタヒデコ)

 

香りのレクチャー講座 申込

 

≪LPT読者の皆様へ特別なお知らせ!≫

香りのレクチャー講座 夜の部に、店主タヌとCabaret LPTでお馴染みのハンブルサーバント2号・マキが特別参加!キャバレーではキレッキレの厚盛りなくせに、仕事帰りで目の下真っ黒ヨレヨレの頭ボンヤリ自然体な店主タヌと、全方位キュートなリーサルウェポン・マキに会える絶好のチャンス!

レクチャー詳細はこちら↓

parfum-specialist.com