La Parfumerie Tanu

- We are a non-stop Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

Aenotus : new fragrance launched in March 2019

f:id:Tanu_LPT:20181227104413j:plain

A HAPPY NEW YEAR 2019 !

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

元旦のご挨拶にかえて、ピュアディスタンス第9番目の新作、アエノータスのご紹介をさせていただきます。

発売は2019年3月を予定しており、ボトルをお手に取っていただけるのはあともう少し先となりますので、詳しいレビューは発売後に改めてご紹介することにして、ここでは香調およびヤン・エワルト・フォス社長による香りの解説をお届けいたします。

 

ピュアディスタンス アエノータス

調香:アントワーヌ・リー

香調:シトラスウッディシプレ

トップノート:オレンジ、マンダリン、レモン、ユズ

ミドルノート:ミント、ブラックカラントバッド、プチグレン

ベースノート:オークモス、パチュリ、ムスク

賦香率:48% 

f:id:Tanu_LPT:20181227103646j:plain

アエノータス 2019年3月世界発売予定

【アエノータスについて】

私がピュアディスタンスを興して10年以上経ちます。これまで私は、沢山の方からインタビューを受けてきましたが、決まって聞かれるのは「ご自身では何をお使いですか?」という質問で「自分自身のシグニチャー・セントはまだないので、時々ピュアディスタンス ブラックを使っています」と答えてきました。

3年前(2015年5月)、私は自分のシグニチャー・セントをピュアディスタンスで作る事にしました。名前はアエノータスという造語で、パリのアントワーヌ・リーに調香を依頼しました。ピュアディスタンスの為にブラック、ホワイトそしてヴァルシャーヴァという素晴らしい香りを作ってくれたアントワーヌは、私のヴィジョンを香りに翻訳し、夢を形にしてくれるベストな調香師だと思ったからです。

私はアントワーヌとパリで合流し、彼にアエノータスのアイディアを伝えました。世間に掃いて捨てるほど存在する、最初はフレッシュでもあっという間に消え去ってしまうようなものではなく、つけた瞬間リフレッシュできて、やがてセンシュアルに力強く香る香水が欲しい。自分がテニスにかける情熱、スポーツの高揚感にも通じるような香り-きちんと主張しながらも、エレガントな香水。スポーティでパワフルなのに、決してうるさくない。もちろん100%オーセンティックな香りが欲しい。そう伝えました。

アントワーヌにはかなりの難題を出したのは承知でした。自分の希望するようなシンプルな香りは、案外どこにでも転がっているかもしれない。しかしながら、巷は新作香水で溢れかえっているにも拘らず、私のアエノータスのヴィジョンに応えるものは何一つ登場して来ないのも事実でした。

何より、爽やかさとセンシュアリティを同時に叶えた香りを1時間以上持続させるのは至難の業なのです。私たちはほぼ3年を費やし、結果として賦香率を前代未聞の48%まで上げなければなりませんでした。決定処方が誕生するまで試行錯誤の連続で、ようやく2018年初頭に完成しました。私は、アントワーヌが私の夢を形にしてくれた瞬間を、生涯忘れることはないでしょう。彼は決して諦めず、試作につぐ試作を私に送り続けてくれました。

さて、なぜ「アエノータス」か?オパルドゥと同じく、アエノータスはこの世に存在しない造語で、私が思い描いた香りのストーリー「アイオロスがもたらす風のかおり」を凝縮した名前です。アイオロスは、ギリシャ神話における「南欧に涼風をもたらす風神」と云われています。アエノータスには、アイオロスがもたらす一幅の涼と南欧のセンシュアルな熱量が融け込んでいます。そしてアエノータスの語尾に込められたラテン語由来の響きが、時の流れの深い円熟を現しています。

私はアエノータスが本当に好きなので、皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。自分がこれだけ気に入ったものを独り占めにするのは勿体ないし、自分のパーソナルな部分を知ってもらいたい。それには、私自身の香りをシェアするのが一番ではないか。そう思いませんか?

                         -ヤン・エワルト・フォス

追伸

アエノータスは、もちろん肌から香るのが最高ですが、衣類の残り香も凄くいいんです。何日も、何週間か経ったあとでも、スカーフからふっとよみがえる爽快な香りがたまりません。

※訳者補足:

香水名Aenotusについて、日本語表記は慣例上「アエノトゥス」とするところ、フォス社長自らが「アエノータス」と発音していたので、 実際の発音に合わせました。(Tanu of LPT)

f:id:Tanu_LPT:20181227141122j:plain

アエノータス 17.5ml・60ml・100ml(写真) 3サイズ展開

【 ピュアディスタンスジャパンよりお知らせです】

ヤン・エワルト・フォス社長より、日本の皆様に新年のご挨拶として「アエノータス年賀郵便」をお届けする事になりました!直筆サイン入りメッセージカードのほかに、アエノータス・ポストカード(全11種類のうちいずれか1種)と香りのムエットが封入された封書仕立の年賀郵便を、先着40名様に発送いたします。この年賀郵便を受け取れるのは、世界広しといえども日本だけ。ご希望の方は、下記バナーよりお申込みください*。本日より受付開始、2019年1月10日(木)〆切、発送は1月中旬を予定しております。なくなり次第受付終了、追加発送はありません。今回限りの募集ですのでお見逃しなく!

*数に限りがございますので、既にお受取の方の重複申込はご遠慮ください。

 


 

 

contact to LPT