La Parfumerie Tanu

- We are a non-stop Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


Safari Extreme (2015)

立ち上がり:割と刺激的な甘さとレザーの香り:鼻の下に髭蓄えるぞーという感じ
 
昼:つけはじめはかなり強い香りでしたが落ち着くのが早いですね。
 
15時位:大分穏やかな香りになってきました。ここらへんの香りならつけていても良いかなとい思いますがやはり甘い感じが強い、ウードとバニラか?
 
夕方:一度落ち着いてからの持続力は強い。まだまだ香る、しかしなんかここにきて重い香りが強まってきてるような。
 
ポラロイドに映ったのは:どうも出自の印象が強いな・・・どうしても髭蓄えた白い服頭巾つき、馬に乗って走ってる眼光鋭いオヤジだ。想像力貧困。SISTERS OF MERCYのDOMINION PVを思い出す。
 
Tanu's Tip : 
 
サウジアラビアの老舗フレグランス・ブランド、アブドゥル・サマド・アル・クラシ(通称ASQ)は、UAEのアル・ハラメインと並び、日本発送OKの数少ないアラビアンブランドですが、危険物配送制限の為アルコールベースの香水はダメで、香油とバフール(お香)のみ発送可能なアル・ハラメインと違い、驚いたことにASQのオンラインストアはアルコールベースの香水を含むすべての商品が発送してくれます(サウジからAramexで発送)。送料も一律US$20と良心的なうえ、定期的に40%~50%offセールをやっているので、どちらが定価かわかりませんが、ASQの場合価格帯が幅広く、米ドル換算で10ドルしない物から数千ドル以上するものまであるので、高価格帯に行くほどこのセールは威力を発します。
 
ASQはルースオイルからの販売がメインで、基本の1トーラ(12ml)から1/2(6ml)、高価格帯になると1/4トーラ(3ml)から購入できるので、ちょっと清水ダイビングしたい時には、このアラブ香油特有の量り売り制は非常に有難いです。医機法(旧薬事法)により香粧品の量り売り販売が出来ない日本からすれば夢のようなサービスですね。香油は賦香率換算で50%近いものも多く、少量で細く長く香るので、3mlといってもEDP程度の香水で言ったら50ml程度の量に当たるのではないでしょうか。

f:id:Tanu_LPT:20190129220132j:plain

サファリ・エクストリーム EDP 75ml
サファリ・エクストリームのオリジナル版、Safariはもともと香油バージョンで発売され、今では沢山のドジョウがアルコールベースで後を続いているヒット作で、The Fragrance Foundation Arabia(フレグランス協会アラビア)の第6回フレグランス・オスカー・アラビア(2015年)、メンズ・プレステージ部門を受賞している実力派です。サファリ・エクストリーム自身も香油のサファリのドジョウとして登場しましたが、数あるドジョウの中でも高評価の作品です。香りとしては、欧米ブランドが中東に歩み寄った作品とは真逆のベクトルで、中東香が欧米向けに、しかも妥協なく自由通路をバーン、ババーン!と開放するとこうなった、という感じのアラビアン・スモーキーフローラルウッディで、とにかく壮麗重厚絢爛豪華で、映画でいったら英語やフランス語は全く聞こえてこない、字幕も右から左へ「おにょにょにょ、ほにょにょにょにょにょ、おにょ!」と広角フルスクリーンでぐいぐい彩度の高い画面が展開するイメージです。もちろんアラブ6大香料総出演、燻香たなびく大海原に渾然一体と群舞し、そこに東西自由通路の役割を果たすホワイトフローラルがぐいぐい押してくるので、すきっ腹に嗅ぐと胃に負担がくる程パンチが効いています。
 
f:id:Tanu_LPT:20190129220146j:image
 
今までいくつかASQのアルコールベース作品を試してみましたが、香油の歴史が長いだけに香水だとその良さが活かしきれないのか、同じ香りの香油と比較して、水っぽくで弱含みの印象が強かったのですが、サファリ・エクストリームはその印象を完全に払拭した、是非ともオリジナルを試してみたくなる迫力で、100%ハレの香りといえましょう。

f:id:Tanu_LPT:20190129220157j:plain

ただしアラブ社会に縁故なし、イメージの引き出しに乏しいごく一般的な日本人であるジェントルマンとしては、こういう香りを嗅ぐと数少ない、しかも過分に間違ったアラブのイメージとしてポラロイドに映ったのが、なんとSisters of Mercyが一番レコード会社に予算をかけてもらっていた時代のシングルヒット、ドミニオン(1988)のPV。一応添付の動画を見てやってください。砂漠を舞台に、合間に出てくるカンドゥーラ姿のアラブ人は良いとして、昔のロボットアニメの悪役みたいなヴォーカリスト(エイドリアン・エルドリッチ。今では立派なつるっぱげ)や、ドロンジョ様みたいな女性(パトリシア・モリスン(B)。この後ギャラ未払いで早々にバンドを去ることになる)、こんな奴等絶対アラブにはいませんよね。ジェントルマンはサファリ・エクストリームに出会う30年以上前にドミニオンのPVを見てしまったのが大きな敗因だと思います。私も下手に「サウジアラビアの老舗ブランドの作品」などと前情報を開示せず、100%ブラインドテストでポラロイドしてもらえばよかったと猛省しています。
 
contact to LPT