Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Paco Rabanne pour homme (1973)

立ち上がり:緑香る感じだが背後に甘い香りが潜んでる。これも少し前の時代の香りがするがCool Waterのような「?」な感じにはならない
 
昼:甘い香りがやや全面に出てきました。ウッディーな感じも全面に
 
15時位:昼の印象のまま落ち着いてきました
 
夕方:かなり落ちついた大人な感じの香りで微かに甘さよりウッディーな感じが強くなっています。これなら今でもOKかな?
 
ポラロイドに映ったのは:湿気の少ない季節にサファリジャケット着て顎鬚生やした男が石神井川沿いを散策してる
 
Tanu's Tip :
 
1969年、カランドルを引っ提げ香水界に登場したクチュリエ、パコ・ラバンヌ。その後80年代後半までは、非常に先進的でスタイリッシュな香りを出す、いわば「とんがった」イメージがありましたが、いつしかチャラいモデルにエロい恰好をさせ、微妙にチンピラっぽいコンセプトで大衆香水をリードしてゆくメインストリームブランドへとシフトしていきました。アーティスティックとか高級感とか、そういう路線は決してメインストリームでの成功をつかみ取る必須条件ではない事を証明しています。個人的には、デパートなどで誰でも買える大衆香水の中にも、適正価格で使い心地のよい製品はきちんと探すことができますし、昨今のニッチ系とメインストリーム系の香水を比べて、価格帯の乖離はクオリティの乖離と必ずしも比例していないし、むしろメゾンフレグランスの価格設定のほうが「図に乗りすぎ」という気がしないでもないです。何度も言いますが、適正価格、適正品質、適正容量でお願いします。ちなみにパコラバンヌのフレグランス部門は、立上げ当初から現在に至るまで、スペインの大手代理店、プッチが親会社であり、プッチ自身もパコラバンヌの成功を契機に、スペインのドメスティックな化粧品会社から、数多くのインターナショナルブランドを抱える世界企業へと飛躍する、大いなるカギを握ったとも言えます。
 
話が大幅にそれましたが、パコラバンヌ初のメンズフレグランス、プールオムは、フローラルシプレの逸品、オリジナル版アザロ(1975)や、ジュールス(1980、ディオール)を手掛けたジャン・マーテルで、19世紀に登場したフジェール・ロワイヤルに始まるフゼア系ジャンルの、ラベンダーやハーブ類の部分を増し増しにして、よりアロマ効果の高いブレンドに仕上げたアロマティック・フジェールのはしりになりますが、ジェントルマンのいう「緑香る感じ」というのは、手折ったようなグリーンにラベンダーやセージ、ローズマリーの詰まった胸糞もスッキリなまさにハーバル・アロマティックのトップノートを5文字で的確に表現しており、そこからウッディーモッシーなフゼア系のジオッサンな胸板がもんわりと顔を出し、シャツの胸元からチリチリした胸毛が見え隠れします。ちょっとこのアロマティックな部分に、のちのクールウォーターのような路線の橋渡しをした功罪も感じますが、きちんとムスク、きちんとウッディ、甘過ぎないアロマ、ちゃんとモッシーなこのシヴいオッサンテイストは、21世紀のお若い方には少々重たいかもしれませんが、この世は現在のパコラバンヌが起用する胸をはだけてタトゥ上等みたいな若い男のためだけにあるわけではなく、この位40余年の時を経た、落ち着きのある男の香りが必要な世代も生きているし、若くてもこの魅力がわかる、または似合う「いい男」もまだまだいる気がします。日本では終売したものの並行輸入品で入手可能ですし、世界的に見てパコラバンヌ・プールオムが普通に(欧米では)デパートの定番香水として生き残ってくれているのは頼もしいです。
 f:id:Tanu_LPT:20170528210314j:image
 

Grey Flannel (1975)

立ち上がり:これはいいですね!ウッディな香りの中に微かに柑橘系混ざってるような感じですが甘さがない
 
昼:印象変わらず。いいかんじのままです
 
15時位:落ち着いた香りになってきましたが消えることなく存在を主張しております
 
夕方:かなり気分の落ち着く香りです。この時間でも消えませんが嫌な感じはありません。
 
ポラロイドに映ったのは:仕事終わって美味しいビール(小麦系)を飲む自分
 
Tanu's Tip :
 
「戦後アメリカの良心」的デザイナー、ジェフリー・ビーン。デザイナーご本人はすでに故人で、かつては大統領夫人もご用達のドレスメーカーでしたが、現在はメンズブランドとして続投中で、フレグランス部門もエリザベス・アーデンの1ブランドとして、新作こそ発売されませんが、値頃な定番香水ブランドとして生き永らえています。特にこのブランド初出の香りであるグレイフランネルは、アフォーダブルな名香として評価の高い香りで、今回ご紹介する「売れ筋ジェントルマン」の中でも、ジェントルマン・店主タヌともに一番気に入りました。
 
アメリカブランドながら、グレイを'Grey'とイギリス英語表記にした「灰色のフランネル」は、パッケージも箱ではなくその名の通りグレイのフランネル製巾着に入ってます。アメリカ人が想起する英国紳士の象徴なのか良い意味で派手さがなく、穏やかで落ち着いた懐の深い香りで、立ち上がりのバイオレットとガルバナムに微かなベルガモットの苦みを感じ、ほどなくウッディーモッシーなボディへと展開、キャロンのプールアンノムにも通じる、ああいい風呂入った系のソーピーでほわほわなパウダリー感が怒涛のように溢れます。何といってもディープディスカウントの代表選手、アメリカのディスカウンター系通販なら120mlボトルで15ドルもしません。じっくり嗅ぐと案外雑でケミカルな感じもあるのですが、傍から嗅ぐ分には大変心地よく、とにかく全体像が渋くて落ち着いています。このダンディズムより一馬身、鼻っつら一歩先ん出る、相手の感情を刺激しない材木系粉物感が、清潔至上主義のアメリカン・プライドも納得の使い心地なのでしょう。ジェントルマンも、一仕事終えた美味しいビールに舌鼓を打つ自分がポラロイドに映り、寛ぎのひと時を香りの中に見出しています。
 f:id:Tanu_LPT:20170526224648j:image
グレイフランネル 120ml
腕はやめとけ
 
ただ1点気になるのは、ジェントルマンの報告によると「夏に香りつき汗ふきシートで体を拭いた後、倍返しで臭くなるが、腕につけるとそれに似た匂いになる」そうで「腕にはつけない方がいい」とのアドバイスですが、腕だけの問題でしょうか?ジェントルマンの腕が特別臭いのでしょうか?昨年7月からスタートしたジェントルマンコーナーですが、まさしく暑い盛りから始まったにも拘らず、アザロ・プールオムなど「汗臭さをカバーしてくれる」という決定的コメントが残っており、汗をかいてなお清々しい香りも歴然とあるので、どの香りも全世界・全気候対応を念頭に作られているわけではないでしょうが、グレイフランネルは日本においてこれからの季節、少々注意が必要です。
 
 

ルシード カラダと頭皮のデオペーパー 30枚

ジェントルマンおすすめ汗拭きシート① 「液たっぷり」がウリ。おススメです、もう50才ですが、とのこと

GATSBY (ギャツビー) バイオコア デオドラントボディペーパー 無香性 <徳用> (医薬部外品) 30枚

ジェントルマンおすすめ汗拭きシート② ①発売前まで、拭いた後倍返しで臭くならない汗拭きシートはこれしかなかった、こればっかり使ったとのこと

Cool Water (1988)

A gentleman takes Polaroids chapter eleven : Gentleman in mainstream
 
立ち上がり:最初は「おっ!さっぱりとして良い感じ」と思ったが、すぐ後に80年代季節スポーツ系サークル大学生がつけるような香りになって辟易。
 
昼:まるで自分がエリ立てたポロシャツ着て腰にサマーセーター巻いてる気分だ
 
15時位:むー きつい安っぽい。でも30年前こんな香り良くかいでいたような記憶が。
 
夕方:懐かしい香りでした。懐かしいけど楽しくない記憶を思い出すね。
 
ポラロイドに映ったのは:わたせせいぞうの漫画を八王子郊外の学食で読んで楽しそうにしてる連中。
 
Tanu's Tip :
 
1988年の日本といえば、昭和末期、バブル真っ盛り。そしてその頃大流行していて、いわば時代の顔ともいえる画風で一世を風靡した漫画といえば、ハートカクテル。あの漫画に出てくるこざっぱりとカッコいい男、それに寄り添うオシャレな女、いい車、素敵な街並み、素敵なディナー、ネオンの煌めき…どれひとつ、私の青春にはなかった風景です。たぶんジェントルマンも似たり寄ったりでしょう。彼はハートカクテル全盛期の時代、六大学の郊外校舎に通いながら都心にある本校で音楽サークルに参加し、指から流血しながらギターを爆奏していたような男です。
 f:id:Tanu_LPT:20170526224548j:image
クールウォーター 75ml
 
このダビドフのクールウォーターもまた、それまでのメンズフレグランスの潮流を大鉈で水路変更し、重さと厚みを徹底的に排除し、かつ破壊力を増した「冷水」の名の如く「薄くて、軽くて、きつい」アロマティック・マリンフレッシュ系という新ジャンルを確立した、いかにも80年-90年的な香りですが、私の世界には存在しなかった香りです。発売後無数のフォロワーが出て、世の中の男は一時みんなこの手の香りをしており、そこにスポーツフレグランス的なジャンルが合流してきたため、男性用香水に対しすっかり食わず嫌いになりました。そして今、齢50にして失われた時を取り戻すべく、それではならぬと必死にメンズフレグランスのレビューを書き続けているのですが、とにかくクールウォーターは私にとってもジェントルマンの言う「懐かしいけど楽しくない」の一言に尽きます。

ハートカクテル 9 (モーニング・カラーKC)
男性はオールバックで前髪数本パラリ、が特徴

調香師とは、もちろんブランドの依頼でイメージ通りの香りを作る職人ですが、これとルタンスのフェミニテデュボワとか、マルちゃんのイリスプードルなどが同じ調香師、ピエール・ブルドン作というのが、ある意味すごい腕というか、ジャンル問わず依頼主の予算と意のまま、何でもできるから名調香師たる所以なんだなあと納得します。お好きな香りだったら申し訳ありません。

 f:id:Tanu_LPT:20170526224601j:image
ボトルはとても端正ですね このガラスの色と脇のカットが美しい

La Parfumerie Tanu e-store grand open : 1 June 2017

f:id:Tanu_LPT:20170526135611p:plain

https://laparfumerietanu.stores.jp/

6月1日、LPT e-storeグランドオープン!

暫定オープンしておりましたLPT e-store、ようやく販売商品がそろいましたので、6月1日よりグランドオープンいたします!
グランドオープンを記念しまして、通常は7,000円未満のお買い上げには送料200円を頂戴しております所、1,500円以上送料無料となるクーポンを6月1日より発行いたしますので、是非この機会に探していた商品、試してみたい商品をご注文ください。引き続き、ピュアディスタンス製品のお取り扱いもございます。

f:id:Tanu_LPT:20170526140209j:plain

こんなものや

f:id:Tanu_LPT:20170526140225j:plain

こういうもの

f:id:Tanu_LPT:20170526140240j:plain

勿論お得意のこういうものが、揃っています!

e-storeへは上記タイトルバナーまたはURLをクリックしてお進みください。

すべての決済方法がご利用可能になりました

また、当ストアはStores.jpのサービスを利用しておりますが、同サービスが提供しているすべての決済方法に対応が可能になりました!
対応している決済方法は以下の通りです:
・クレジットカード
・コンビニ決済(手数料200円)
・翌月後払い*
・Paypal*
・銀行振込
・代金引換(代引手数料400円)
*のついた決済方法の詳細は、支払方法選択画面にてご確認ください。

LPT e-store グランドオープンを記念して、2017年6月1日より1,500円(税込)以上お買い上げで利用可能な送料無料クーポンを発行!
クーポン番号:Grand1706 有効期限:2017年6月30日まで
是非ご利用ください!!

 

Cabaret LPT vol.5 'Puredistance on Tour Tokyo' present campaign & more !

<Cabaret LPT vol.5 共同開催記念プレゼント!>

先月4月29日の開催から早くも3週間が経過したにも関わらず、未だに参加者や先日のレポートをお読みになった読者の方々から反響の声がやまず、各種SNSでも絶賛拡散中の、Cabaret LPT vol.5 'Puredistance on tour Tokyo'。LPTでは共同開催を記念して、当日会場で配布した下記アイテムにピュアディスタンスの販売店専用ショッパーをセットにして、合計3名様にプレゼント!特に日本では入手不可能な純白のブランドショッパーと、今秋の世界発売が待ち遠しいポーランド限定販売中のヴァルシャーヴァがいち早く試香できるのは最大のポイント!

・トークセッション用香りのムエット(ヴァルシャーヴァを含む全8種)

・配布用フライヤー(A4)

・ヴァルシャーヴァ、Puredistance on tour Tokyoポストカードセット

・カタログ&ヒストリーブックのセット(2mlギフトボックス封入品)

・LPT特製クリアファイル(ムエットポケット付)2枚セット

f:id:Tanu_LPT:20170521133222j:plain

f:id:Tanu_LPT:20170521133241j:plain こんな風におまとめして送付します

 
【応募要項】
プレゼントご希望の方は、下記内容をご記入の上ご応募ください。
1)ハンドルネーム (当選時公開されますので本名NGの方はご注意)
2)Cabaret LPT vol.5 'Puredistance on Tour Tokyo'、LPT/LPT annexへの
ご意見、ご感想
 
ブログから:ページ下の'Contact to LPT'をクリックし、お使いのメールソフトからメッセージを送って下さい。
※コメント欄で応募しないでください。
 
Facebookページから:ページ上のメッセージアイコン(吹き出しのマーク)をクリックし、メッセージを送って下さい。
※投稿へのコメントで応募しないでください。
 
応募〆切 6/4(日)終日
 
当選発表 2017年6月中の投稿にて発表
※当選者のハンドルネームをブログ及びFacebookページ上で公開します。当選した方は送付先をご連絡下さい。ご応募多数の場合は抽選とさせていただきますが、これまで抽選に至ったことはほぼありません。
 
◎ご当選の方は折り返し送付先をcontact to LPTまたはFacebookページのメッセージからご連絡下さい。
 
<ピュアディスタンス・日本語サイト詳細ご紹介>
 

今回の来日に合わせ、少しでも日本のファンの皆様にブランドのコンセプトや製品の魅力をダイレクトに伝えたい、と、小規模経営のメゾンフレグランス・ハウスとしては異例の日本語サイトを立ち上げたピュアディスタンス。ウェブデザイン会社に委託し、英語で構成され、オンラインストアが併設された世界発信型公式ホームページと違い、現在の日本語サイトは完全社内構築のため、製品紹介とブランドの歴史、そして日本をフォーカスしたニュースに特化したシンプルな構成になっていますが、単なる紹介サイトに留まらず、公式ホームページと連動した販売プロモーションが行われているのにお気づきの方も多いのではないでしょうか。

f:id:Tanu_LPT:20170521124100p:plain

トップページ下、左から2番目「プロモーション」をクリック

 

プロモーション画面上部。

f:id:Tanu_LPT:20170521124312p:plain

プロモーション画面下部。

現在のプロモーション(2017年6月30日まで)は、

1)オランダ伝統菓子、ストロープワッフルと2007年に刊行した初のカタログ、豪華2大プレゼントがついてくるうえ、通常価格€470より約20%off,€95もお得な60ml+17.5mlのボックスセット(€375≒46,800円、送料込)

2)PDチームサイン入り特製アニバーサリーカードがついてくる、2mlギフトセット(€59≒7,350円、送料込)

以上2種類行われています。

公式オンラインストアとの違いは、プロモーション画面上のリンクアドレスをクリックし、メールで注文をしたのち、折り返し直販担当のメアリさんよりPaypalでの請求メールを受取って決済(Paypalについての詳細は、プロモーション画面最下段「Paypalについて」参照)するという、セミハンドメイドなプロセスでの注文方法をとっていることですが、何といっても日本語でも注文が可能なのと、クレジットカード情報をセラーに直接知らせないで決済できる安全なPaypalを選択している点で、購入したいけれど英語がハードル高かった…という方には朗報!Paypalも、日本でも徐々に対応するネットショップも増加中(LPT e-storeもPaypal対応!)の世界標準的決済方法で、勿論日本語で決済できます。

ぜひ一度、日本語サイトを訪問し、母国語でピュアディスタンスの魅力を存分にお楽しみください。今後「日本のファンの皆様がさらに使いやすい画面構成へと進化させていきます(ウェブ担当・イリスさん談)」との頼もしい意気込みも発せられていますので、今後も目が離せません。

↓↓↓日本語サイトはこちらのバナーをクリック!↓↓↓

f:id:Tanu_LPT:20170304204149p:plain

 

トーキヨーツアー こぼれ話あれこれ

f:id:Tanu_LPT:20170521135946j:plain

浅草のホテルを出た後、キャバレー開催場所、Fumikuraの裏手にある鶏白湯スープがおいしい次男房にて集合前に腹ごしらえ。次男房は価格的にいたって普通のラーメン屋だが、トッピング全部盛り&大盛無料で、オランダ組2名とお迎えスタッフ2名、女子4名のオーダーなのに5,000円でおつりが来なかった

次男房桜台店 https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13198743/

f:id:Tanu_LPT:20170521141138p:plain f:id:Tanu_LPT:20170521141127p:plain

キャバレー終了後、撤収中に猛烈な花散らしの突風が吹き荒れた。かと思いきや、キャーキャー言いながら外に飛び出し、花吹雪を捕まえようと大はしゃぎのネラさんとイリスさん。なんてイノセント!

◎今回の来日は、年間スケジュールでは11月を予定していたそうですが、突如ヤン・エワルト・フォス社長が「いや、4月にしよう!」と7か月も前倒しになり、社長の英断に営業主任のネラさんも寝耳に水で度肝を抜いたとの事。しかし、その結果どこも混雑する時期とはいえ、一年で最も気候が良く過ごしやすい連休直前の来日となり、寒冷地から来た二人はうららかな春爛漫の東京を謳歌することができました。さすがだね社長。

◎滞在中は都内を精力的に回った他、奥多摩・御岳山へ赴き、山頂までケーブルカーを楽しんだり、喧騒とは無縁の自然(つまり御岳山は人気スポットではないんですね)を満喫、山頂では天丼(ネラさん)とカツ丼(イリスさん)を平らげたそうです。そして宿泊先の浅草に戻った夕食時、混雑していたのか適当な飲食店に入れず、しばらく歩いた末観光客とは無縁のシヴい(≒ボロい)寿司屋の引き戸を開けた途端、外国人客に慣れていないすし店内は一瞬凍り付いていたとのこと。幸い女将が英語のできる方で、開口一発「お二人さんはなぜうちに?」と聞かれたので「どこも開いてなかったんで」と直球で返したものの、カウンター内の大将が腕を振るい、二人のにぎり1人前には、なんと特上のうにが。オランダではうにを食べる習慣がないうえ、食べれる生き物とも思っていなかった二人は「今までこんな美味しいお寿司を食べたことがなかった」「うにがあんなにおいしいとは思わなかった」と大感激。…いやいや、それはね、大将がお二人の来店を歓迎して、本気見せただけですよ。

◎来日が決定した1月より、突貫で日本語を勉強したイリスさん。来日初日に滞在先のホテルでお会いした時、二人とも辛い物が大好きと聞いていたので、お土産に暴君ハバネロ暴ポテトをあげたら、やおら暴ポテトのふたを開けパクパク食べはじめ、突然「…じゃがいも、好きです!!」その発音がえらくいいのでびっくりしました。その後も「お好み焼き、好きです」「お好み焼き、美味しいです」「お茶いただけますか?」と日本語を連発。たった3か月、ネット独習でひらがな、カタカナをマスター、かな表記の看板はすべて読めるので、滞在中公共交通機関での移動は全く問題なかったそうです。ちなみにピュアディスタンス製品以外で好きな香りは、社長と同じシャネルのアンテウスで「私のシグニチャー・セント。アンテウス、大好き」との事。親子二代でアンテウス!オフ日につけていたアンテウス、非常にお似合いでした。

◎そのお好み焼きですが、お二人とも、実は来日中一番楽しみにしていたのが「本場のお好み焼きを食べる」事だったそうで、そうとは知らず、初日にあまり外をウロウロするのも疲れると思い、たまたま宿泊先の階下に広島風お好み焼き店があったので、そこで初めて一緒に食事をしたのですが、期せずして二人のお好み焼き熱に火をつけてしまい、滞在中何度も二人でお好み焼き店に行っては食べたそう。キャバレー終了後、おたふくソースの小さいサイズをお土産にあげたら、二人ともソースを振り回しながらキャアキャア猛烈に喜んだので「こんなに喜ぶんなら、もっと大きいサイズにすれば良かった…」と思いました。ネラさん曰く「日本は、何を食べてもおいしい。本当に来てよかった」と、しみじみ感激していました。来日前「日本の方の生活を垣間見れるような滞在ができるといいな、あとは美味しいものが食べられれば最高」と力説していたネラさん。いいねいいね、人生食にありき!

◎そして寿司も堪能した二人、浅草で大将が本気見せた店も美味しかったそうですが、イリスさん曰く「日本は魚が本当においしい。オランダでは、立地的に魚を食べる習慣が他の国より強く、魚も生で食べるけれど、基本魚の流通は冷凍で、刺身やお寿司のネタも解凍した魚を使う。だから身が水っぽいうえに硬いから、あまり美味しいとは思えない」と会う人会う人、オランダの魚事情を訴えていました。しかも、オランダの外食は安いと高いの間がなく、ハーリング(ニシンの酢漬け)など屋台料理の次は、すぐかしこまった高級レストランのどちらかになってしまうそうで、またスーパーなどで見かける食材のバリエーションも日本に比べたら少ないそう。安くて少しずつ色々頼める日本の居酒屋や、バラエティあふれるスーパーのお惣菜コーナーに感動したイリスさんは「あ~あ、オランダにも磯丸水産できないかなあ」「居酒屋できないかなあ」「お総菜売り場できないかなあ」と盛んにこぼしていました。もう、日本に住んじゃえば?