La Parfumerie Tanu

- The Olfactory Amphitheatre -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -

無断転載禁止

Poudre Impériale / Fontaine Royale / Cuir d'Orient / Essence du Sérail / Vapeurs Diablotines (2016)

- SLM reviews -
Essence du Sérail
Cuir d'Orient
Vapeurs Diablotines
Poudre Impériale
Fontaine Royale

f:id:Tanu_LPT:20210323175755j:plain

 

前回の媚薬及びブランド解説に続き、SLMの現行5作品についてご紹介します。ボトルに施されたマットでカラフルなラバー加工の色彩は、香りの世界観を色に置き換えた秀逸なチョイスで、このボトルカラーが基本的な香りのイメージです。

SLMの香りは、突如鍵盤を叩きつける、ピアノの不協和音のような衝撃で始まります。この不協和音に不意打ちを喰らった後、個々の表情を生み出すアクセントとなる香りが抜けていくと、どの香りもそれはそれは滑らかな、鼻をこすりつけたくなるようなしっとりとした甘さに落ち着き、いつまでも肌の匂いを嗅いでいたい、肌をすり合わせていたくなるような「生肌効果」を感じます。また、いずれもベルガモットに始まり、スパイシーなアンバートーンからバニラムスクに移り行き、美しく消え入るという共通展開がありますが、どの香りにも不思議と「光」を感じません。媚薬の使われる場所には光は殆ど不要で、夜伽の視界に映るのはせいぜい暗い灯の色、空が目覚める前の色、うっすらと浮かぶ肌の色ーあとは声と匂いの世界です。

使用されている香料を書き並べた香調から香りを分析する事は、LPTの役目ではないと考えているため、通常ブランドの公式香調を丸ごと引用する事はしないのですが、今回は出自が19世紀末の媚薬(内服用)なのと、媚薬を香りへ昇華すべくナタリー・フェストエアが香料を追加してアレンジしているという2段階変化球処方の為、スキャン画像では少々わかりにくい媚薬処方を現代語に置き換え、ナタリー処方を併記した上で、実際の体感をお伝えしたいと思います。
SLMの5作品には、甘くけだるい共通のパウダリーなトーンがあるとお話しましたが、ダウナー系の素と思われる媚薬の頻出成分は太字で強調しました(媚薬処方によっては同じ成分でも状態の異なるもの、及び状態まで把握できないものがあるため、現代語訳は記述に多少のブレがあります)。

 

Essence de Serail エッサンス・ドゥ・セライ

f:id:Tanu_LPT:20210412154557j:plain

 

 

媚薬処方
バニラ、ムスク、シナモンサフランアンバーグリスクローブ、ヒッチョウカ、ショウガ、メース、砂糖と植物性粘液(ローズウォーター希釈)
ナタリー処方
ベルガモット、イランイラン、ジャスミン、スズラン、オレンジブロッサム、ローズ、プラム、ヘリオトロープ、ピーチ、サンダルウッド、アンブレット、バニラ

 


セライ(後宮)とはハーレムの意、ハーレムと言えばオットセイ。オットセイは絶倫の象徴でもあり、陰茎は古来媚薬としても珍重されました。日本でも徳川11代将軍・徳川家斉や漫画「やる気まんまん」で有名です。さすがにエッサンス・ドゥ・セライには処方されていませんが、SLM中最もフローラルなこの香りをつけた瞬間眼下に浮かぶのは、夜が抜けきらず、光のない白々とした朝、裸足で花々を踏みながら歩いたり走ったり転んだりする中、そこら中に散らばった草花。この、たち上がりのギクシャク感がとても癖になります。ピーチやプラムにイランイランやジャスミンで、さぞムラムラになるかと思いきや、媚薬処方中のシナモンやクローブ、ナタリー処方中のサンダルウッドがいい感じで落ち着いた懐かしさに寸止め、オットセイのお目当ては花冠が似合う少女の面影を残す痩身の女性または少年だったのかも。レビュー実装中、最も周囲に「何それいい香り」と言われたSLMはこの香りでした。

f:id:Tanu_LPT:20210323175850j:plain

エッサンス・ドゥ・セライ EDP 14ml

Cuir d'Orient キュイール・ドリャン

f:id:Tanu_LPT:20210412154545j:plain

 


媚薬処方
バニラ末、高麗人参末、揮発性シナモン油アンバーグリスエッセンス、白粉糖、トラガントガム粘液
ナタリー処方
ベルガモット、オリス、ヘリオトロープ、パチュリ、アンブレット、バニラCO2、ベンゾイン、オポポナックス、ムスク

  

 


SLM5作品中、最も気に入った香り。キュイール・ドリャン(東洋の革)と銘打っていますが、オリエンタル感未測定、レザー感も名ばかりで、これでもかという粉物成分の過積載が時に軋みを呼び、スモーキーなパチュリが結果として若干のスウェード風味を醸し出している、物凄いもち肌のパウダリーフローラル。立ち上がりのベルガモットが多少の換気役を務めており、匙加減によっては甘重くなり、しつこくなりがちなバルサミックなベースがほんの少しのシトラスで甘々になりすぎず、体感がとても心地よい。気が散るほどいい香りで、フルボトルをブラインドバイして大成功を収めました。SLM中1つだけ選ぶならキュイール・ドリャン、もう一つならエッサンス・ドゥ・セライをお勧めします。

f:id:Tanu_LPT:20210323180806j:plain

キュイール・ドリャンEDP100mlパッケージ。
中にはリーフレットとセラミックのチャームが。きめ細やかな演出が嬉しい

Vapeurs Diablotines ヴァプール・ディアブロティーヌ

f:id:Tanu_LPT:20210412154613j:plain



媚薬処方
ムスク、ショウガアンバーグリスクローブサフラン、コショウボク、砂糖、キャットタイム浸出液
ナタリー処方
ベルガモット、イエローマンダリン、コリアンダー、クローブ、フランキンセンス、ゼラニウム、シダーウッド、パチュリ、ハイチベチバー、ムスク、バニラ、ベンゾイン、トンカビーン、オポポナックス、スティラックス、ラブダナム、カストリウム(合成・天然)

 

SLM中最もスパイシーなオリエンタルで、公式香調が一番正しく香りを言い当てているのがこのヴァプール・ディアブロティーヌ。主役はきりっとしたハイチベチバーで、ベチバー主軸というと割と知的で淡麗な雰囲気(ゲランのベチバー、ラリックのアンクルノワールなど)を彷彿しがちですが、ドロドロのレジン・バルサムが脇を支えているため、悪魔の吐息とはよく言ったもので、恋愛でいったら火傷系、かなり泥沼が予想される赤黒い香りです。どちらかというと女性らしい雰囲気のSLMの中では一番ユニセックスな仕上がりですが、しっかり甘さがあるので、色香の起爆剤としてはSLM中最強。

f:id:Tanu_LPT:20210323175724j:plain

ヴァプール・ディアブロティーヌ EDP 14ml

Poudre Imperial プードル・アンペリアル

f:id:Tanu_LPT:20210412154520j:plain

 


媚薬処方
シナモン末ショウガクローブ、ガランガル、メース、ナツメグ、ムスク
ナタリー処方
ベルガモット、エレミ、カルダモン、ブラックペッパー、ピンクペッパー、スズラン、ジャスミンアブソリュート、フランキンセンス、ヘリオトロープ、ベンゾイン、トンカビーン、シダーウッド、ムスク、バニラ

 


媚薬処方の成分が最も前面に出ているプードル・アンペリアル。立ち上がりからシナモン・ジンジャー・クローブがギンギンに香るスパイシーウッディです。この3つは漢方では肉桂・生姜・丁子といい、すべて体を温める作用のある薬効高い生薬で、もちろん媚薬としても大活躍。ナタリーさんはそこにペッパーましましで舌がビリビリするようなスパイシートーンでドレスアップ。見た感じまるでチャイのスパイスみたいな皇帝の粉は、きっと香りのよい木から切り出した小箱に入っていたのでは?往年のカーネーション香にも通じるヴィンテージな風情もあります。名前が紛らわしいですが、SLM中粉物感は低めです。日本人にとっては塗香や香木系におい袋に通じるあらたかさを感じる香りですが、ヨーロッパの人にとってシナモンやクローブはクリスマスを思い浮かべる美味しい香り。

f:id:Tanu_LPT:20210323175743j:plain

プードル・アンペリアル EDP 14ml

Fontaine Royale フォンテーヌ・ロワイヤル

f:id:Tanu_LPT:20210412154531j:plain

 


媚薬処方
アンバーグリス、ムスク、シベット、シナモンオイル、ローズウッドオイル、炭酸カリウム、ローズエッセンス、オレンジブロッサムエッセンス
ナタリー処方
ベルガモット、ジャスミン、オリス、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッド、シダーウッド、ムスク、アンブレット、スティラックス、ラブダナム、バニラco2

 


SLMは大なり小なり粉物感がありますが、キュイール・ドリャンと双璧の粉物といえば、このフォンテーヌ・ロワイヤル。ただし一言で粉物と言っても、こちらはかなり不透明感の高い石膏系の粉物で、微粉末を少量の油脂でまとめた練白粉のように香り立ち、肌と肌が自然に触れ合っているというよりは、湿った掌が意思をもってずっと身体に触れている。そんな若干の粉苦しさがある皮膚感覚とでもいいましょうか。これはあくまで個人の感想で、この辺は好き好きだと思います。ふんわりとした粉物感が好きな方には重たいかもしれませんが、昨今流行のさっぱりスッキリした材木系イリスやキャロットシードのブレンドでヴィンテージ感を醸成している「第3の粉物」ではなく、みぞおちにずーんとくるドゥームな粉物をお探しの方にはピッタリです。

f:id:Tanu_LPT:20210323175752j:plain

フォンテーヌ・ロワイヤル EDP 100ml

 SLM製品の購入は、日本発送対応の公式オンラインストアがおすすめです。€120以上で送料無料も嬉しい。

価格(2021年4月現在)

14ml €39
50ml €120
100ml €165

ハニートラップ(2mlx5種サンプルセット、フルボトル購入時値引) €15

ラヴァーズセット(14ml x 全5種セット) €156

サンプルセットのリファンドや、パーススプレーセットまであり、このきめ細やかさは半端じゃないです。グッジョブ!と言いたくなりますね。

 

SLM製品はagent LPTでもお試しいただけます。

🔑agent LPTは読者限定サービスの為、閲覧にパスワードが必要になります。

パスワードのお問い合わせは、お気軽にlpt@inc.email.ne.jpまでお問い合わせください。

 

contact to LPT