Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Cabaret LPT vol.2 review & sample present

00-4. Live Information 00-2. from LPT

おかげさまで、LPTのリアルイベント「Cabaret LPT vol.2」をこの度も盛況のうちに終えさせていただきましたことをご報告いたします。詳細は、会場としてお借りいたしましたbook cafe & bar Fumikura(フミクラ)様のブログにてご紹介いただく予定ですので、掲載され次第「目撃者レポート」としてLPTでも転載させていただきます。

f:id:Tanu_LPT:20160807174657j:plain パターン1の様子。古代ローマを思い出す…テルマエロマエか

 

今回は"Dawn of the Dead - 蘇らせたのは誰だ -"というタイトルで、昨今復刻したブランドの香りを、リニューアル版9種&オリジナル版3種、計12種用意し、蘇り方別にパターン分けしてご紹介しました。BGMは、ゾンビ香水特集にふさわしい選曲で、ジェントルマンことDr.BudgieのDJプレイがさえわたり、ゾンビ・サスペリアのサントラから、何故かホラーじゃないのに「アギーレ・神の怒り」のサントラまで、絢爛豪華に進行しました。

<パターン1:洪水型>

イタリアの薬局・修道院がらみのブランドに多い、ある日洪水や書庫整理などで偶然中世の処方が見つかり、それをもとにブランド化したパターン。当時のレシピを復刻…とはいうものの、確かに田舎で見かける古い看板のように時が止まったような香りもあれば「これはないだろ~」と苦笑しきりの、古代ローマを髣髴する香りもあったりして、特に後半は、あまりの「古代ローマ」な香りに場内騒然。

<パターン2:Who do you think you are型>

欧米で大流行の先祖探し。イギリスの不動産業、S・ブルックさんも先祖探しにハマった一人でした。しかしブルックさんが探し当てたご先祖様は、なんと第1回ロンドン万博で受賞して、20世紀には王室御用達にまで輝いた、ヴィクトリア朝時代の名門、グロスミス。さて、ブルックさんが出た勝負とは…その他、創業者が恋路の末に立ち上げたブランドを、今夫婦力を合わせて復興したあのブランドもご紹介。ついでに、戦前のヴィンテージを入手したので、せっかくだからと持って来たら、強烈に劣化が進んだかびジュースになっていた!これにはゾンビも参加者も真っ青。

<パターン3:ベンチャー型>

復刻するブランドと企業が血縁も偶然もない、ベンチャーのハク付けに歴史の暖簾をちょっと拝借。ビジネスとしては一番自然なパターンかもしれません。創業から消失まで、ほぼワンオーナーで、かつ復興まで点々と処方劣化や格下げブランド化が起きなかった、ルガリオンの完全復活までのストーリーと、帝国ロシアに旗揚げ後、かの名調香師・エルネスト・ボーを輩出した、よく考えるとその位しか売り文句がなかったラレーの栄枯盛衰プラスワンを、ほぼビジネス解説に終始してご紹介。参加者に一番評判の良かった香りがルガリオンの復刻版というのも、明るい未来を感じました。

 ほぼ定刻に終了したトークセッションの後は、ご参加の皆様と楽しいグリーティングタイムを過ごし、紹介した実ボトルを手に取りながら、あっという間の1時間でした。Cabaret LPTの「下校放送」、Roxy MusicのBoth ends burningが流れると「急げ急げ~!」と一斉にボトルを片付けだし、参加者の皆様をお見送り後は目にもとまらぬ速さで撤収、あっという間の解散でした。



Fumikuraは、今年1月にオープンし「大人のための図鑑図書室」をコンセプトとしたブックカフェで、手に取りだしたら止まらない蔵書の数々を携えるだけでなく、オープン以来大人の知的好奇心をくすぐるイベントを定期的に開催しております。定期開催のプラネタリウムナイトをはじめ、ここ最近では昭和をフィーチャーしたイベントや「夏休み宇宙探検講座」など、大人も子供も楽しめる企画が盛り沢山。そして忘れてはならない、本来のカフェとしての魅力ーお飲み物やお食事の美味しさ、居心地のよさは勿論、まさにLPTの根本コンセプトである「一度お店に入ったら帰りたくなくなる、時間を忘れる香水店」と完全合致のブックカフェであるFumikuraは、LPTファンなら必ずや気に入ってくださると思います。店主タヌお奨めの自家製フルーツシロップを用いたビネガードリンク(梅、杏、シソ)や、漬け込んだ果実をブレンドしたアイスクリームなど、他では味わえないオリジナルのドリンク&スイーツ(季節限定)もありますので、お見逃しなく。アルコール類も充実。機会がありましたら、是非お運びください。

book cafe & bar Fumikura

東京都練馬区桜台1-4-7 仙川ビル1F
open 11:00 - 23:00 火休 (8/11-13臨時休業)
phone 03-6914-5886

さて、今回この千載一遇の機会を惜しくも逃した方、特に物理的に会場までお運びいただくのが難しかった首都圏近郊以外にお住まいの方のために、Cabaret LPT vol.2にて配布した試香用ムエットサンプル全12種と、12種類の香りの中からセレクトしたアトマイザーサンプル2種 (Carthusia : Ligea 'La Sirena' P, Parfum Volnay : Etoire d'Or EDP 各1.7ml)を、各5名様にプレゼント!奮ってご応募ください。今回、ムエットサンプルセットには超絶に劣化した戦前のパルファムも混じっています!☆ご応募多数の場合は、厳選なる抽選のうえ、首都圏近郊以外の方を優先とさせていただきます。

 

f:id:Tanu_LPT:20160807135724j:plain f:id:Tanu_LPT:20160807135743j:plain

A.試香用ムエットサンプル12種(左)とB.アトマイザーサンプル2種セット(右)

【応募要項】

プレゼントご希望の方は、下記内容をご記入の上ご応募ください。

1)ハンドルネーム(当選時公開されますので本名NGの方はご注意)

2)ご希望のプレゼント(いずれかお一つお選びください):

 A.試香用ムエットサンプル全12種  
 B.アトマイザーサンプル2種

3)Cabaret LPTで取り上げてほしい内容

4)Cabaret LPTに参加しやすい時間帯は?
 1.平日の夜(現在の開催時間帯、19:30-21:30)
 2.土日祝日の昼(15:00-17:00前後)
 3.土日祝日の夕方(17:00-19:00前後)

5)LPT/LPT annexへのご意見、ご感想、今後取り上げてほしい内容 

6)お住まいの都道府県

 

ブログから:ページ下の'Contact to LPT'をクリックし、お使いのメールソフトからメッセージを送って下さい。

※コメント欄で応募しないでください。

Facebookページから:ページ上のメッセージアイコン(吹き出しのマーク)をクリックし、メッセージを送って下さい。

※投稿へのコメントで応募しないでください。

 

応募〆切 8/13(土)終日

当選発表:8月中旬 
※当選者のハンドルネームをブログ及びFacebookページ上で公開します。当選した方は送付先をご連絡下さい。