La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

A Gentleman Takes Polaroids introduction : A Portrait of a Gentleman

f:id:Tanu_LPT:20160716210631j:plain

- 或る男≪ジェントルマン≫がひとり、香りを言葉のポラロイドで写し取り、あなたの心に可視化していく... A Gentleman takes Polaroids, He falls in love he falls in love -

 

ドクター・バッジー。長らく音の世界を生業としてきたそのジェントルマンは昭和崩御の春、学生時代の卒業旅行で渡英の際、免税店で初めて買ったアラミス以来、香りの世界へ足を踏み入れた。香りの神様に見初められたジェントルマンはそれからというもの、手持ちのボトルが空になる頃には、不思議と新しい1本が彼のもとへ舞い込んできた。与えたのはその折々の恋人、そして現在の妻だった。懐の深いジェントルマンは、たいがいはそれが彼の好みというよりは、予算優先の免税土産か海外通販のセール品だと一目瞭然のその貰い物を、黙って愛用してきた。傍見には中々隅に置けない恵まれた環境の一方で、頂き物は一つも無駄にせず、歯を食いしばって使ってきたおかげで、香りに対するラチチュードが高まり、今では香りをまとわずして外出するなど考えられなくなった。LPTのライヴイベント、Cabaret LPTではTeam LPTの音響担当としてその技能とセンスを余すことなく発揮しているジェントルマンは大の猫好きでもあり、血中猫濃度が低下すると途端に衰弱するため、その場合急速充電をすべく道野辺の駄猫に接近遭遇を試みるも、日々玉砕。岩手県出身、49歳。好きなバンド:ジョイ・ディヴィジョン、キング・クリムゾン、ディス・ヒート。愛読書:セリーヌ「夜の果ての旅」

 

<ジェントルマンの主な香水遍歴>

1989 アラミス(アラミス/エスティローダー)

1992 XS(パコラバンヌ)

1994 エゴイスト・プラチナム(シャネル)

2001 アニエスbペアフレグランス(台湾で購入、詳細不明)

2008 サー・アイリッシュ・モス(モイラー&ヴィルツ)

以降 メタル(パコラバンヌ)、イリス(エルメス)、

   インフュージョン・オム(プラダ)、ベチバー(ゲラン)、

   ムッシュー・バルマン(バルマン)、メロエー(ティーオ・キャバネル)etc...

 

次回より、ジェントルマンが写し取る焦点ばっちりな香りのポラロイドに、彼の盟友でもある店主タヌが極太サインペンで添え書きした、新機軸のクロスレビュー形式でメンズフレグランスをご紹介!あなたの心に総天然色、または凍てつくモノクロームで香りを投射していきます。

 

<主旨>
ジェントルマンには、起床後シャワーを浴びた清潔な肌に直接香りをつけていただき、香りの変化を定点観測、最後にポラロイドで香りの姿を写し取っていただきます。
 
<観測地点>
1)たちあがり 2)着衣後 3)1時間後 4)5時間後 5)10時間後
 
<水準点及び基準量>
香りをつける場所は左右のウエスト、内腿、膝の裏に、計6プッシュ。
これは基準量なので、香りによって増減することはできません。
6プッシュで物足りないものもあれば、終日悶絶する可能性もあります。
そこも正直に記録、撮影していきます。
 
<注意事項>
この連載は、香りの愛用者ではあるが、香水評論に全く縁のなかったジェントルマンが基本的に初めてつける香りの印象を、持てる語彙の範囲で描写していくシリーズのため、正確な観測及び撮影が時に困難な場合もありますが、表現に補正処理は一切行いません。
 

<今後の掲載予定>

chapter one : the Great iconic : A Gentleman's choice  23 - 25 Jul. 2016

chapter two : A Gentleman's favourites   27 - 29 Aug. 2016