La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Le Galion, brief history 1930-1980 and the reborn in 2014

f:id:Tanu_LPT:20160612160336j:plain
ナポレオン1世の義弟にあたるナポリ王国王、ジョアシャン・ミュラ=ジョルディの末裔、6代目プリンス・ミュラ(注:フランス貴族、ミュラ家ではジョアシャン・ミュラという名とプリンスという称号は代々襲名制で、上記ジョアシャン・ミュラを1代目プリンスとして8代目まで続いたが、現在の子孫であるジョアシャン・ミュラ氏(43歳)はタイトルを世襲せず「プリンス・オブ・ポンテコルボ、ジョアシャン・ミュラ」を名乗っている)が1930年に創業した香水ブランド、ル・ガリオンは、「シプレ」「インディアン・サマー」「111」「222」など7種の香水を発売しますが、その名のとおり殿様による殿様商売が祟ったのか、創業からたった5年後の1935年、当時すでに社会的成功を収めていた高名な調香師、ポール・ヴァシェ(1902-1975)に会社を売却します。
 
歴史的香水ブランドとしてのル・ガリオンの歴史及び成功は、やはり1935年から始まるポール・ヴァシェ時代から数えるのが妥当で、その後のル・ガリオンの歴史はここで長々と語らずとも、2014年にブランド復興を果たしたエーテル・パルファム(後述)が運営している公式ウェブサイトが秀逸で、史料的役割を十分果たしており、ワンストップでル・ガリオンの歴史がわかりますので、お時間のある方はご覧ください。
ル・ガリオンは戦前・戦後ともにソルティレージュ(1936)とスノッブ(1952)という2大ヒットを生み出し、2大ヒットを何十年も売りつなぐ一方で1975年まで、つまりポール・ヴァシェ在世まではしっかりと現役ブランドとしてきちんと新作を世に送り出していました。ヴァシェが73歳で急逝した後は、ヴァシェの愛娘で父から一子相伝の如く調香を学び、晩年の15年間、ル・ガリオンの作品を共作していたドミニク・ド・ユレスティが調香を担当し、父へのオマージュとして現在でもヴィンテージ品をよく見かけるメガラ(1978)を発表しますが、1980年に冷凍チーズケーキやヘインズTシャツなど、食品と家庭用品を主力商品とする巨大グループ、サラ・リー・コーポレーション(2012倒産)に買収されます。が、ジャンパトゥが2000年、P&Gに買収された時の扱いとは比べ物にならない処遇で、冷凍パン屋がどうして芸術性の高い歴史的名香を扱えるはずもなく、規模や価値観が明らかに合わない不幸な買収によりあっという間に消滅、ほどなくル・ガリオン50年の歴史は幕を閉じます。
 
それから30余年後、前出のエーテル・パルファムのオーナー、ニコラ・シャボー氏(44)が2012年にル・ガリオン復興のアイディアを起案し、オリジナル処方を入手後2014年に往年の名香が再び姿を現すことになります。ル・ガリオンを完全復活できた要因として考えられるのはその知名度で、1)他のブランドでも社会現象を起こした名香(アルページュ、ミスディオール等)を多数手掛けた、歴史的名調香師(ポール・ヴァシェ)が長きにわたりオーナーであったこと、2)圧倒的な看板商品がある(ソルティレージュ、スノッブ)3)時代を象徴する当時の広告が多数残っており、クラシック香水復興のイメージ戦略を取りやすい 4)当時の処方がきちんと残っているので、ヴィンテージ品から勘を頼りに香りを逆算せずに、処方の原料を現在入手可能なものに置き換えての再処方が容易 5)復興時、オーナー調香師と同等の親族(ヴァシェの娘さんで自らもル・ガリオンで調香)が現存 6)ブランド売却後、転売を繰り返さずにワンストップで消失しており、転売→原料品質ダウン→安物香水に劣化という、ブランドのデフレスパイラルが起きていない…という点で、消えたブランド復興ブームの中でも、後発ながらかなり勝算の高いビジネスモデルのように思えます。なおエーテルは他にオリジナルブランドとして、ある意味ル・ガリオンとは真逆を行く未来的なアンチ・パフューム系*新ブランド、エーテル(2016-)も創業しており、調香師にこちらも復刻ブランドであるヴォルネィの専属調香師、アメリ・ブルジョワと、ル・ガリオンでもソヴリン(2015)を担当したアンヌ=ソフィー・ベアジェルを迎え、モレキュール(分子)レベルまで精製した合成香料のみで作るフレグランス**の可能性を、芸術の域にまで押し上げています。
 
今回LPTでは、ル・ガリオン一代を通じての看板作品、ソルティレージュのオリジナル版とリニューアル版の比較、リニューアル第一弾として発売されたラインナップから、代表作9種を集めたラ・コレクシオンをご紹介します。
 
*エタリーブルドランジュ、ジュリエットハズアガン、イストワールドパルファムなどに代表される、既存のフレグランスにまつわる上品で瀟洒なイメージを覆す先進的かつ高品質な作品を輩出するブランド及びその作品群。
**エッセントリック・モレキュールに代表される新ジャンル。