La Parfumerie Tanu

- an Imaginary Haute Parfumerie living in your Heart -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


The World of Perfumed Soaps 4. French companies

3)フランスのトイレタリー会社

 

  • ロジェガレ(日本ロレアル)   100g 735円


1862年創業のパフューマリーで、日本でも明治時代「赤箱」フルールダムールで一躍有名になりましたが、ロジェガレといえば何と言っても薄紙で包まれた丸い香水石鹸。エリザベス2世のロイヤルワラントも石鹸メーカーとして与えられています。近年だいぶ香りのラインナップが淘汰され、屋台骨であるジャンマリファリーナ(元祖オーデコロンの香り)以外現代的なシトラスフルーティな香り中心となりました。日本でも2009年、イヴ・サンローラン・ボーテのロレアル買収により一時日本撤退しましたが、この度日本ロレアルにより再上陸、大阪の一号店を皮切りに続々と全国展開を進めています。日本での店頭ラインナップはエクストラヴィエイユ(ジャンマリファリーナ)、グリーンティ、ローズ、セドラ、ボワドランジュ、シソ、オスマンサス、フィグ、ジンジャンブレの9種類。マルセイユ石鹸をベースとした高級石鹸で、生地が硬く溶け崩れが少ない上、ふくよかな香りが長持ちする点も秀逸です。空き箱ですらルームフレグランスになる香り立ちの華やかさは、香水石鹸の代表格といっても過言ではないでしょう。
国内取扱品でのお奨めは、大阪1号店でも売り切れ続出インドの庭園をイメージしたオリエンタルウッディノートのジンジャンブレで、爽やか系の多い現行品の中では突出した存在の甘くスパイシーな香りです。
そしてクラシック香水ファンにお奨めは「トラディショナルレンジ」と呼ばれる、カーネーション・サンダルウッド・ティーローズ・ラベンダーといったロジェガレの歴史的香水石鹸のシリーズで、ロジェガレの中でも一線を画す重厚な作り込みの香りは、中々ほかのメーカーでは出会えません。特にカーネーションは、まず日本のメーカーでは見かけない、キャロンのベロージアと合わせたら最強のカーネーションラインとなる、クローヴ臭満載の分厚い香りに未体験の方はノックアウトでしょう。

 

公式HP(英語版あり) http://www.roger-gallet.com/

 

祝・日本再上陸!これは少し前の香りたち。ガーデニア(下)なんてのもあった