La Parfumerie Tanu

- an Imaginary Haute Parfumerie living in your Heart -

- The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes -


Sacrebleu intense (1993-2008)

1993年にオードパルファム濃度で発売されたサクレブリュのアンタンス版で、
オリジナルのサクレブリュは在庫が無くなり次第廃盤だそうです。

香りとしては、チュベローズとカーネーションクローブ香にシナモンが
加わって華やかさと渋みが同居し、薄口ながら睫毛のひさしで影が出来た
ような、少々アンニュイなオリジナルのサクレブリュに比べると、トップの
フルーツやチュベローズが控えめになり、かわりにバニラやトンカビーンなど
甘めのベースが濃厚になった、キャロンのモンテーニュ等を髣髴とする王道
フロリエンタルになっていますが、流石に21世紀も10年を過ぎようとする
2008年の作品ですので、80年代後半〜90年代前半に猛威を振るった肩パッド
大柄系とは一線を画した落着きも備えています。この系統の香りによくある、
ラストノートがいつまでも大声でがなり立てたり、余りに残り香が強すぎて、
洗濯しないと他の香りとぶつかるようなしつこさがないのは、いい原料を使って
いるからでしょうか。消入り方が美しいのもニコライ品の特徴といえましょう。
多少古臭さは感じるものの、これは日本でつけるなら空気の乾いた晩秋から
早春までの寒い時期につけたら、派手さが前に出ず温かみもあって、つけ心地も
相当良いと思います。公式サイトでは30ml・100ml・250mlの3サイズあり。
30mlサイズのみ国内販売有、定価10,000円。
オークションサイトでは12,000円(値下げ交渉有)で出品中。

 

 

色々種類豊富だから、海外ブランドにしては珍しい30mlが揃っているのは嬉しい。ちなみに欧米で一番売れるサイズは100ml、日本は30ml。