La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Bleu (2003)

アパレルから派生したアルビオン系コスメブランド、ポール&ジョー・ボーテから
2003年、姉妹フレグランスであるブランとともに発売され、近年再発したブルーです。
EDT1展開で、調香はピエール・ブルドンが担当しましたが、流行には敏感でも
調香師にまでは敏感でなさそうな、オシャレな20~30代女性がターゲットで、
パッケージが素敵なコスメブランドから出たフレグランスだったため、発売時には
調香師はもちろん、香り自体もさほど話題にもならず廃盤となり、そして気づいたら
ボトルが変わってブランと共に再販され、ポール&ジョーの定番香水となっています。

香りとしては、レトロで清楚な濃紺のボトルからはイメージしがたい、割と妥協のない
オリエンタル系で、立ち上がりは結構クラシック感の強い、クミンやコリアンダー等の
スパイスがガツンと前面に出てくるので、ボトルかわいい〜、キャ〜と言っていきなり
腕につけたら、香水慣れしていないお若い方はドン引きするのではないかと思います。
トップノートが引いた後も、ジャスミンやローズがミルラに乗った若干鼻を刺すような
オリエンタルノートが拡散しますが、EDTなのでベースが軽く、朝つければ昼には随分と
大人しくなっています。同じミルラでもキャロンのパルファムサクレ(オリジナル版・
アンタンス版)のような、花とスパイスのクリーミーな渾然一体感はなく、それほど身体と
一体化するような肌馴染みはしないので、イメージとしては、子供体型のオシャレな女の子が
一生懸命背伸びして着た大きく胸のあいたドレス(勿論ポール&ジョー)が、ポーズをとるたびに
胸元がかぱかぱして中身が見えるような、器に身が入っていない感があり、そこがぎりぎり
ブランドイメージにマッチしているのではないかと思います。さすがは名匠のさじ加減です。
お若い方だけでなく、オリエンタルな香りが一つ欲しいけれど、声もお尻も大きそうな
大柄系オリエンタルはちょっと、という中年大和撫子にもお奨めです。

ちなみに、現在ブランとブルーは全国のポール&ジョー・ボーテで一般発売されている横で、
ディスカウント通販では半額から数百円で投げ売りされ、ティーンズ向けの安物香水と肩を
並べているという憂き目に会っているため、ますます評価されずに今度こそ廃盤になって
しまうのではないかと心配ですが、逆にもし見かけたら、お値段以上の仕事はしますので、
ブラン・ブルー共に、送料の埋め草にでもお手に取って損はないと思います。