La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Climat(1967)

1935年に調香師・アルマン・プティジャンが香水店として創立し、
今や世界的ブランドとなったランコムが、1967年に発売した名香、
クリマです。クリマは2005年「ラ・コレクシオン」としてオリジナルの
調香にてEDPで限定復刻されたほか、一般流通品としてフランスランコム
にてEDT(75mlのみ)がありますが、パルファムはランコムの公式ライン
ナップにはないので、デッドストックなのだと思います。

さわやかなアルデヒドのトップから、やがて極上のクリームのように
まろやかなグリーン・フローラルへと展開しますが、一貫して明るく
優しい香調は、欧米では発売後40年以上経った現在もクリマの名は名香と
して広く知られ、多くの香水ブログで「母が使っていた、私が戻っていく
香り」と2世代に亘り愛されています。
毎日使ってもつけ飽きない親しみやすさは、現在も「トレゾァ」「ポエム」
「ミ・ラ・ク」など、世界的ヒットを輩出するランコムのパフューマリー
としての実力を物語っています。

クリマは、手に入るなら断然EDPの調香がよく、限定EDPとほかの濃度との
差は、さしずめオリジナル原稿とそれを受け取ったファクス原稿の差ほど
体感します。とはいえEDTでも充分に良い香りなので、EDPではいかほどか、
想像していただけることでしょう。昨年までフランスランコムにて
15ml4個セット(マジー、シッキム、ミルエユヌローズまたはサガモアの
組合せ)で販売されていましたので、まだ探せば手に入るかも知れません。