Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Narcisse Noir(1911)

フランスのグラン・パルファン、キャロンが1911年に発売した、
20世紀の名香を語る上で絶対外せない傑作、ナルシス・ノアールです。

「黒水仙」の名を持つこの香りは、現実には存在しない黒水仙なるものを、
オレンジブロッサム、ローズ、ジャスミン、ウッドムスクの調香で表現し、
幽玄な色香を醸し出しています。よくオリエンタルノートと紹介されて
いますが、キャロンHPでは「フローラル・フルーティ」と紹介されている
ように、語られているほど濃密な香りではなく、むしろ瑞々しさに溢れて
おり、気温の高い季節でも肌が芳香を放つような香り立ちはさすがです。

ナルシスノアールは、現行品ならEDTではなく、是非パルファムを
お試しいただきたいと思いますが、それよりもたった15年程度前の
オードトワレのほうが、動物的なムスクの存在が一層色香を演出して
おり、黒水仙という香りのイメージを強調しています。もし見つかる
なら、カネボウ時代のナルシスノアールのEDTをお試し下さい。
ただし、完全に現代の香調からは外れていますので、つけ方によっては
台湾の路上で焚かれる安いお香みたいに香るので注意。廟でけぶる
安い香に陥るか、禁断の妖婦に転じるかは、あなた次第。