Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Muguet du Bonheur(1952)

フランスのグラン・パルファン、キャロンの1952年発売後今もなお
愛されているすずらんのシングルノート、ミュゲ・ド・ボヌール
(幸福のすずらん)です。

すずらんは、天然香料が採れないため、すずらんの合成香料を使うか、
幾つもの天然香料を調香してすずらんの香りを再現するのですが、
このミュゲ・ド・ボヌールは、昔のコティ(ミュゲ・ド・ボワ)、
ゲラン(ミュゲ)と並び、すずらんの香りをヘリオトロープ
ライラックで際立たせた、天然香料で再現している数少ない香りです。

パルファムは、まろやかで優しいグリーンフローラル、オードパルファムは
しっかりとグリーンも甘みもあるメリハリの利いた香り立ち、オードトワレ
はほのかな爽やかさが香ります。

ミュゲドボヌールは、ことのほかヴィンテージの香りがよく、
現行品でも美しいとは思いますが、若干の香り痩せは否めない一方で
状態の良いヴィンテージのトワレなどは、思わず立ち止まってしまう
ほど甘さとさわやかさのバランスがよく、単なるライトなシングル・
フローラルに終わらない構成のすばらしさを感じます。もし可能なら、
30年ほど前のヴィンテージならば何とか探せると思いますので、
一度ヴィンテージをお試し下さい。