Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Bellodgia(1927)

フランスのグラン・パルファン、キャロンの1927年発売の代表作で、
創立者E・ダルトロフが北イタリアのベラージオ湖の美しさに感銘し、
そこに咲くカーネーションをイメージに創作した名香です。
キャロン公式HPではシングルフローラルノートとされていますが、
実に100種類以上の香料が調合されており、昨今のシアーでライトな
香りとは違い、蜜の様な甘さの中にスパイシーさも携え、こっくりと
した奥行きの深さが魅力です。

ベロージアはもともとパルファムとEDTの展開でしたが、10年くらい
前にEDPが加わり、このEDPが結構良くて、蜜の様な甘さが一番
鮮明に楽しめます。パルファムはどことなく渋みがあって、そこも
魅力です。EDTは、パルファムが単純に薄くなった雰囲気なので、
もしベロージアを初めて選ぶなら、EDPかパルファムをお奨め
します。ちなみに、ベロージアはヴィンテージと現行品を比較して
パルファムに限って言えば殆ど香調にかわりがないので、ヴィンテージ
の雰囲気を追体験したいときはパルファムをお奨めします。