Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Fleur de Rocaille(1993)

フランスのグラン・パルファン、キャロンの代表作で、
「岩間に咲く花」をイメージして作られた、フルール・ド・
ロカイユの1993年リニューアル版EDTです。

正式名称はFleur de rocailleとなっており、キャロンの公式
ホームページでもクラシック版として復刻されたFleurs de
Rocailleとは全く違う作品として紹介されています。

リニューアル後のロカイユは、つけると自分も回りも元気になるような、
明るいフローラルブーケ。キャロンでは「ロカイユの伝説をそのままに、
80年代を駆け抜けた新しい女性へ捧ぐ」と称されています。

本年9月、輸入代理店フォルテが銀座三越にキャロンを再上陸
させましたが、カウンターで一番問い合わせが多いのが現在は
まだ取り扱いのないこの新ロカイユだそうで、カネボウ時代から愛用し、
今も探しているのに、再上陸時にやってきたのは旧ロカイユだった、
ぜんぜん違うし、古臭い!とがっかりされている方が多くて…と
販売員さんが話していましたが、旧ロカイユの香調こそキャロン
トーンであり、ここでがっかりされてしまって、今後どう日本で
展開していくのだろう、と疑問に思いました。

ちなみに、銀座三越で一番売れているのはレディ・キャロンだそうで
レディ・キャロンはこの新ロカイユをより大人っぽく仕上げた様な
フローラルなので、欧米ではさっぱりでも、日本人受けするのかも
しれません。