Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Apres L'Ondee(1904)

日本では、ゲランブティック(すべて都内)でしか取り扱いのない、
ジャック・ゲラン調香の名香、アプレロンデの(オーデトワレ)です。
現在では本国ゲランでも原料の都合からか、オーデトワレしか販売されて
おりません。海外のゲランでも販売国が限られている、レアな香りです。

「にわか雨の後」という名を持つこの香りは、つけた瞬間はスッとした
渋さと甘酸っぱさで香り、やがて全身をごく薄いベールが包むかのように
淡くアイリスやスミレが香る、非常に静やかな名香です。また、ミドル〜
ラストの展開が、ルールブルーに似ているため、「ルールブルーのライト
バージョン」とも称されますので、ルールブルーのお好きな方にも絶対
オススメです。汗ばむ季節でもくどくならず涼しげに香ります。

ちなみに、昨年復興して香水界で話題となった、イギリス最古級の香水
メーカー、グロスミス(Grossmith London)が1906年に発売し、ロジャ・ダヴ
監修の元、仏ロベルテ社に復刻を依頼したシェメルネッシム(Shem-el-nessim)の
復刻版が、まさに濃厚なアプレロンデの風情で、公式にもロリガンやアプレロンデ
に雰囲気が似ていると紹介されているので、アプレロンデのパルファムは
こんな感じだったのかな、と夢を馳せました。