Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Le Dix(1947)

フランスクチュリエの最高峰であり、後続デザイナーに影響を与え続けた
バレンシアガが初めて発売した香水、ルディスのヴィンテージです。
調香はレールデュタン(1948)、バガリ(1950)、ランテルディ(1957)、
カプリッチ(1961)を輩出したフレンチシックの雄、フランソワ・ファブロンで、
彼の作品の中でもとりわけ穏かで、オリスやバイオレットが織りなすシッカ
ロールのような香気をアルデヒドがほわほわとリフトする、パウダリックな
フローラルアルデヒドです。折しもルディスの発売は1947年であり、第二次
大戦後の荒廃した心と体を優しく解きほぐすような安心感に満ちた香りです。

残念ながらバレンシアガ・パリ(2010)の発売前に、バレンシアガの過去の作品は
すべて廃盤となってしまい、ルディスも現行流通しているデッドストック品を
もって販売終了なのが惜しまれます。現行品とヴィンテージは殆ど同じ感触で、
大事に作り続けられていた事がわかります。ヴィンテージのパルファムはパウダ
リックな中にニトロムスクがしっかりと香り、トワレ、コロンはパルファムを
主軸にベースがライトになっていく香調で、いずれもそれほど香りもちはしない
ので、お好きな軽さのものをお試し下さい。