Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

La Parfumerie Tanu

The Essential Guide to Classic and Modern Classic Perfumes

Arpege(1927)

シャネルNo.5と並び、世界屈指の名香のひとつで、ランバンの創始者
ジャンヌ・ランバンが1927年、彼女が60歳の時、一人娘の30歳の誕生日へと、
若干27歳の調香師、アンドレ・フレースに作らせた香りです。
ヴィンテージのパルファム、オードアルページュ(アルページュのオードトワレ版)、
1987年より加わったリニューアル版のオードパルファムです。

最高級のローズ、ジャスミンをふんだんに使用し、アルデヒドを効果的に利かせている
点では、使用している原料はNo.5と同じといわれますが、面立ちは全く違い、5番が前を向く
端正な美しさなら、アルページュは覗き込むような慈しみ深い優しさを感じます。コンセプト
からも伝わるように、母性を髣髴とさせる、優しくふくよかな香りです。
ヴィンテージのパルファムは「これぞ名香」といった、ひと言でいえば「華」のある香りで、
肌に乗せるとパウダリックなオリスが表面に強く現れ、比較的持続が短いですが、
コットンに含ませて胸元からの香気を味わう方が、長く、よりクラシックな香り立ちを
バランスよく楽しめるのでお奨めです。
オードアルページュはパルファムやEDPと比べ、清涼感が強く甘さが控えめです。
現行のオーデパルファムは、どこかとろけるようなクリーミー感があり、持続が長く
天候や体温で割合表情を豊かに変えるタイプです。リニューアル前後でつけ比べも楽しいですね。

日本ではエクラ・ド・アルページュとの交代で廃盤になってしまったようですが、
海外では今もなお第一線の現行商品で、アメリカなどの香水サイトでは、
アルデヒドの名香ベスト10にも必ず入っています。

アルデヒドのお好きな方は是非!